日記のようなもの

例えばWordPressは、自由を得るためには苦労が伴うことを教えてくれる。

Ricoh GR 街中ここ数日、WordPressのあちこちの作業に少し翻弄されている。やれ、Google Search Consoleだの、XMLサイトマップだの、アナリティクスだの、キーワードプランナーだの。ブログをやったことがある人であれば分かると思うけど、いわゆる簡単に始められるAmebaブログやはてなブログだのいろんなサービスがあるけど、僕は独自ドメイン(kiokucamera.com)で自分が管理するブログを運営したかったから、WordPressでのブログづくりをチョイスした。

WordPressはひと言でいえば、自由(度)を手に入れることができる。僕はまだデフォルトの基本テーマしか使っていないけど将来的にはテーマデザインは多種多様に変えられるし、無数にあるプラグインのおかげでSEOからサイトマップ送信、ソーシャルとの連携など、ありとあらゆることが自由度高く設定したり表現したりできる。じぶんで保有しているブログという意味でいえば、万一ブログが削除される心配もない。それは、長い時間をかけてドメインを育てていく楽しみにもつながる。

でも、自由(度)を手に入れるにはそれなりの苦労が伴うことも、このWordPressは教えてくれる。サーバーをじぶんで契約して、ドメインをじぶんで取得して、WordPressの設定も手を入れようと思えばいくらでも山のようにやることがある。こうしてWordPressと格闘していると、じぶんの可愛い子を自由に育てたり高めたりしようとするには、当たり前だけどそれ相応の苦労を伴うんだよなあと、まるで世の中の摂理みたいなものを再確認させられている気がする。

でも、こうやって苦労しつつもじぶんで実体験としていろんな設定を調べたり、分からないなりにやってみたり手直ししたりしてると、今までふんわりとしか理解していなかったさまざまな構造みたいなものが身をもって理解できてゆく楽しみがある。今の世の中は本当にネット上の情報がありがたくて、どんな疑問にぶつかってもネットで検索すれば大抵のことは誰かが成功談・失敗談をアップしてくれている。それを見るとほぼ解決してゆくからまたおもしろい。

知の集積というか、壮大な人類の実験というか、いま世界中のみんなでこのインターネットの可能性や発展性を検証しあったり議論しあったり、そういう真っ只中にじぶんも身を置いているという感覚を楽しんだりすることができる。決して大企業の精鋭セクションに属していなくても、その世の中の進化の中に身を置けている感覚は僕はとてもおもしろい事象だなと感じている。

このWordPressの話は一例だけど、習うより慣れろというのはよく言ったもんで、なんでもやってみないと分からないことは多い。というか、世の中ほとんどのことがそれがすべて。行動せずに妄想するのは簡単だしそれなりにやってる気分みたいなのは味わえるかもしれないけど、やっぱり実体験した人の知力とか説得力にはかなわない。僕らの時間は限られているけど、いろんな未知な領域にやっぱりチャレンジしてみるべきだし、そこに伴う苦労は案外悪くないぞと最近ほんとに思っている。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です