気になるモノ語り

ライカって例えたらどれくらい素晴らしいですか。

*写真はライカ公式HPより*写真はライカ公式HPより

ライカ。カメラ好きなら、いやカメラのことをあまり知らない人でも聞いたことのある世界最強のブランドのひとつが「ライカ【Leica】」だろう。

僕がカメラを持ち始めたのは一眼レフが最初で、Nikon D5300 → Nikon P340 → Nikon D750 → RICOH GR → Nikon P900とたどったから、カメラと言ってもNikonとGRしか使ったことがない。今はカメラをRICOH GRだけに絞ったから日常の写真はすべてGRで撮っているけど、こうしてカメラライフを楽しんでいると、あたりまえだけどいろんなところでライカの存在を浴びることになる。

ライカの広告、ライカの製品、ライカで撮られた写真etc. 。でも、じぶんの中でライカは身分不相応という思いがあったし、仮に目覚めてしまったらNikon沼のような軽症では済まないという怖さもあってどこかライカのことを見て見ぬ振りをしてきたし、情報も集めてこなかった。だから、実際のところライカの何がそんなにすごいのかはわかっていない。ただ、ブランドの佇まいとしては素敵だなと思っている。まずはあのブランドロゴ。そしてデザイン。その存在感はカメラメーカーという枠を超えてかっこいい存在だなと思う。

ライカの素晴らしさというのは、使っている人からすると、使ったことのない人に対して分かるように表現するとするならば例えばどれくらい素晴らしいということになるのだろうか。ライカ使いの人のブログを探してみようかな。ロジカルに言っているのか、それともエモーショナルに言っているのか。ブランドを体現すると言う意味でも広告人の僕は気になるところ。でも、知ると僕はその後どういう行動を取るのだろうという怖さもある。僕の中のライカは、まだ僕のような浅いカメラ経験者にははやすぎるという何かがあるから。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です