Nikon D5300とNikon FEの、無我夢中。

Nikon FE, Ai50/1.8, Fuji業務用100

実はNikon D5300とNikon FEは、それぞれデジタルとフィルムの僕の一号機のカメラ。どちらも世の中的にはエントリークラスのカメラと言われるのかな。それでも、僕にとってデジタル/フィルムで初めてのカメラがこの二台だったことは大きかったなと思う。どちらも実にとっつきやすく、それでいて随分と本格的なカメラだったという点において。Nikonのカメラが末永くユーザーたちに愛される理由は、このエントリー機にも玄人的な満足感を妥協していない点なんじゃないかな。

D5300は中級機や上級機と並べてみると実にコンパクトだけど、単体で眺める分にはなかなか本格的フォルムで、「あゝじぶんは一眼レフを手にしたんだ」という満足感をしみじみと感じさせてくれる。こういう所有感というのはカメラを楽しむには意外と大事なこと。それだけで外に持ち出そうとする回数が変わるからね。僕が初めてのカメラをD5300にしていなかったら、これだけ一眼レフ機にハマっていなかったかもしれない。このD5300は今でも店頭で新品として販売されてるんじゃないかな。しかもかなりお得な実売価格で。WiFiも搭載されてるし、現行のD5600なんかより適度な重さと手に収まるグラマラスなボディはなかなかのもんだと思う。

あとフィルム機のNikon FE。これもまた、フィルムを始めようとする人にはすごくおすすめな一台である。今も昔もNikonの一眼レフは作り手のこだわりが注がれた工芸品だけど、なかでもこの時代のNikon機はやっぱり力の入り方が違う。当時の中級機だったNikon FEやFMシリーズは、それまでの大柄なNikomatシリーズから一気に小型化、車でいえばフルモデルチェンジされたプロダクトで、とにかくすべてが進化した歴史に残るモデルと言っていいんじゃないかな。そんな名作が電子式シャッターのFEならとても安く手に入れることができる。絞り優先で撮れるのはビギナーからすると間違いなく恩恵だし、数多くのカメラにステップアップするにしても、このFEならフィルムカメラのあらゆる知識を理解する軸足的存在にもなれる。僕はFEを出発点に、その後F2やF6、Leica M3へとフィルムカメラを広げていったけど、これも初めてのフィルムカメラがFEだったからこそ納得いくカメラ選びがその後できたなと思っている。

初めてのカメラを何にするかというのは、その後のカメラライフには実はものすごく重要で、僕の場合はこのNikon D5300とNikon FEであったことが今思うとすごくよかった。この二台なら本格的気分を味わいながら無我夢中になれるチカラを持ってるからね。どうせカメラを始めるなら、あまり初心者向きすぎてももったいないし、ビギナー向けてありつつも本格的な要素を十二分に楽しめる高次元バランスのカメラがいい。僕が初めてのおすすめカメラを聞かれたら、この二台をおすすめするかな。自信をもってね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA