Nikon D300とAF 50 f/1.4Dの写りは、なかなかビビッドで濃厚だった。

Pocket

Nikon D300, 50/1.4D

カメラは日々適度に日光の下で使ってやることが最良のメンテナンス。この日はNikon D300を連れ出そうと、初めてAF Nikkor 50mm f/1.4Dをつけて散歩カメラしてみた。

Nikon D300, 50/1.4D

感想としては、とにかく濃厚だなと。D300のほうのピクチャーコントロールはスタンダードだから、もっと落ち着いた色になっておかしくないけど、ご覧の通りまるでビビッドをチョイスしたように濃厚な写りだ。

Nikon D300, 50/1.4D

いや、ビビッドというのとは少し違うか。いつも言葉で表現しようとしてなかなか困るところがあるから、こうして撮った写真を載せるようにしている。ビギナーの僕の写真知識やカメラ知識では写りの差異を正確には表現できない。

Nikon D300, 50/1.4D

D300はもう10年も前に登場したカメラ。しかもAPS-CのDXシリーズフラッグシップモデルだから、いわゆるシーンモードみたいなお手軽設定はない。だから、僕なりに試行錯誤しながらセッティングして撮るんで、ごめん、露出値の記録なんかもない。

Nikon D300, 50/1.4D

この写りがボディのせいなのか、レンズのせいなのか、そのへんはもっと撮りまくって確認していきたい。ただ、はっきり言えるのは現行機のNikon DfとAF-S50/1.8Gの組み合わせの写りとは明らかに違う。そこには何というか、ひと昔前のボディやレンズの誇りみたいなものが感じられる写りなんだ。

「Nikon D300とAF 50 f/1.4Dの写りは、なかなかビビッドで濃厚だった。」への2件のフィードバック

  1. こんにちは。いつも楽しみに見させていただいております。
    とても素敵に文章を書かれる方だなぁと思っております。
    これからも毎日楽しみにしていますので
    頑張って書いて下さい。

    1. うれしいお言葉、ありがとうございます。文章はぜんぜん上手くないのですが、学生の頃にテストの答案用紙に暇つぶしに書いた文章を当時の先生が気に入って点をくれたことから、文章を書くのが好きになりました。なんかただの日記みたいで恐縮ですが、よかったらまた遊びに来てください^ ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA