撮ってから考える。

そもそも僕は何事においても「まずやってみる。やってから考える」というところがある。そんなポリシーみたいな大そうなものではなくて、やってみないと分からないし、やりながらのほうが見えてくることが多いから、僕の場合。

写真もその流れなのかどうかはアレだけど、RICOH GRにしてからは、目の前に何か撮りたい物体が出現したらとにかく撮る、みたいなところがある。「撮ってから考える」。一眼レフの頃はさすがにそうはいかなかったから、ある程度は考えてから撮ってたと思うけど、起動が俊敏なGRならこの少々乱暴な「撮ってから考える」というのはかなり現実的だ。

そうして撮った写真をわりとすぐさまiPhoneに移して、そして見る、そしてようやくその意味みたいなものを考える。それをさらに飛び越えて、撮ったらInstagramにまずアップして、その写真を見ながら考えることさえあるくらい。写真をちゃんとやってる人からするとなんだか怒られそうだけど、僕の今のカメラ、写真との距離感はそんな感じだ。「撮ってから考える」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA