NikonとNIKKOR

Z6を使い始めると、DfはもっとMFで撮りたくなる。

Nikon Df, Nikkor-S Auto 50/1.4

Z6を使い始めると、DfはもっとMFで撮りたくなる。

フルサイズミラーレス Nikon Z6を手に入れて、もうすぐ1ヶ月くらいになるのかな。その癖を掴みたくて、休日は割と頻繁に持ち出しているんたけど、一方でこの一眼レフ Nikon Dfの楽しさも以前よりさらに際立つようになっている。

なんといってもMFレンズを装着する機会が増えた。というか、Z6を購入した以来、Dfのほうは100%、このAuto Nikkorが装着されている。

Nikon Df, Nikkor-S Auto 50/1.4

以前からDfにはオールドニッコールを装着して楽しんでいたけど、愛犬との散歩の際は片手がリードでふさがるんで、AFで片手で撮れるGレンズやDレンズで楽しむことも少なくなかった。けれど、今はMFのAuto Nikkorばかり。

僕のAuto NikkorはAi改造されていないから、Dfといえどもレンズの絞りに合わせてボディ側の絞りもダイヤルで揃える必要があって、Aiレンズよりも一手間動作が増える。けれど、Auto Nikkorが使いたくなるのである。

Nikon Df, Nikkor-S Auto 50/1.4

その理由は、やはりZ6の存在が大きい。Z6の今の常用レンズは標準ズームのNikkor Z 24-70/f4 S。Z6とこの新世代Zマウント用レンズの組合せは、実にストレスなく気持ちいい近未来的撮影感覚を味わうことができる。

僕はこの撮影フィールが気に入って、今のところZ6はAFズームオンリーだ。そうすると、その反動であったり、もしくはその違いの面白さとして、Df×MFレンズの楽しさが際立ってくるのである。

Nikon Df, Nikkor-S Auto 50/1.4

それと、ルックスも大きいかな。Z6と新Zマウントレンズの組合せは、見た目のミニマルなデザインでモダンだ。そんなZ6でしばらく撮っていると、真逆というかレトロなDfを眺めたくなるんだな。レンズも当然レトロがいい。となると、Ai時代のレンズよりも、さらに古い非Ai時代のオールドニッコールをチョイスしたくなるんだ。

Z6を持つことで、Dfがさらに際立つ。これはなかなか新鮮な体験だった。Z6にかつてのFマウントレンズがつけられるアダプターFTZも購入してはいるけど、FマウントのニッコールたちはやっぱりDfがよく似合う。カメラやレンズは「対比」というモノサシでより個性が滲み出て実におもしろい。

関連おすすめ記事

POSTED COMMENT

  1. 月3 より:

    おはようございます。
    いつも思っている事ですが、僕のカメラライフは、お出かけの時にシャッターを押すだけ。
    そうです、旅先の記念写真くらい。
    じっくり撮る事なんて旅先で一瞬だけ被写体に露出やアングルを変えて数枚撮るだけ。の様なカメラライフが多いのです。
    でもね、カメラは大好きなんだ。
    2020で日本に金メダルがいくつも決まった頃に購入予定だったDfを、色々な事情で購入決意しました!
    ニコンさんも潤ってほしいし。
    記憶カメラさんのおかげで、最近D200がお気に入りなので迷いましたが買っちゃいました、レンズキットを先週に。まだ一度しか持ち出していませんが軽くていいですね。
    当時結婚式場で働いていたこともあって、披露宴に招待されると撮影を頼まれた事が理由なのか、レンズ一本て動けるようにズームが定番だった事もあり、もう招待されて撮ることもないであろうが17-55 DXを手放して、24-85㎜Dタイプも揃えてしまいました。キットの50㎜も素晴らしくいいですね。
    最近は視力が良くなくてMFに自信がありませんが50/1.4sが一本ありますので少しずつ挑戦してカチカチ♩回して☆フィーリングを楽しみたいと思います。

    追伸 ネームをお月から改めて単純に(月3)気分はエフスリーの読みですが普通にツキサンでも間違えてサンガツでもなんでもアリ。

    狭くなった庫を改める必要が生じてきました。
    ガラクタばかりですから気兼ねはいらない‥はずなのですがね。

    まだ暫く暑さが続きますが体調にはお気を付け下さい。

    • kiokucamera より:

      おー、Dfいかれましたか!おめでとうございます!
      D200とDf、絶妙の組合せですよね。僕のほうはといえば、F80を購入しまして、あゝやっぱりNikonのプロダクトは素晴らしいなあと今夜も小さな感動に浸っています。
      この感動みたいなものを少しでも多くの人へ伝えられるよう、外で撮りまくっていきましょう^ ^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です