KONICA C35

凝視する時はNikon FE、切り取る時はLeica M3、瞬時に撮る時はKonica C35。

3つのフィルムカメラをそんな風に使い分けてる感じかな。きょうも朝から散歩カメラへ出かけたけど、3つともカメラバッグに入れて、3つとも使って撮った。フォルムこそシルバーとブラックのいかにも金属的なカメラでどれも似ているけど、性格はそれぞれけっこう違う。だから、移動に負担にならないシチュエーションなら3つともすべて持ち出したいと思う。

Nikon FEは一眼レフらしく、フィインダーの中の絵が漆黒の中に濃密に映し出され、ピントを合わせた時に「獲物をシューティング」するような気持ちよさがある。ボケによって撮りたいものが際立つ感じもいい。ミラーを上げ下げしてカシャーンと大きめのシャッター音を鳴らすのも、いかにも獲物を捕る=撮る感覚だ。しかもFEは絞り優先AEでも撮れるから、露出計をかざせない時でも撮れる穏やかさがある。

それに対してレンジファインダーのLeica M3は、ファインダーの中には周囲の景色と同化した絵があって、その中からブライトフレームの内側の絵を切り取る。フィルムの巻き上げ音もシャッター音も静かで、いかにもそっと切り取る感じだ。一眼レフの濃さとはひと味違う気持ちよさがレンジファインダーにはある。

そして、同じくレンジファインダーなんだけど、露出はオートでピント合わせとシャッターを押すだけに集中できるKonica C35。このカメラを昭和の誰でも撮れる大衆普及型カメラと位置付けると間違うというか、テッサー型レンズのヘキサノンは想像以上にしっかり撮れるレンズで軽い衝撃を受けた。いいレンズを語り出すともっと高価なレンズは山のようにあるけど、このC35はフィルムの風合いや楽しさをまさに手軽に堪能させてくれる。ピントを無限遠にしておけばシャッターを押すだけのスナップシューターだ。僕はFEやM3を持ち歩いていても、サッと撮りたい時やあえてラフに撮りたい時は迷わずC35で撮る。

そんな風で、僕の持っている3つのフィルムカメラは、撮れ味以外にもこうして使い方自体がそれぞれ異なるから、あらゆる局面をカバーする感じで使い分けも自然で楽しい。綿密に計算してそういうバリエーションになったわけでもないのだけど、結果としていい3台が揃ったなと思っている。望遠についてはカバーできていないけど、そこはフィルムカメラでカバーするというよりは、潔くデジイチAPS-Cのとにかく軽くて持ち出しやすいエントリー機を購入すればいいんじゃないかと思ってる。300mmくらいまでならレンズキットでカバーしてるし、僕はそれで十分かな。

というわけでフィルムカメラビギナーが日常的に3つのカメラに慣れてきた段階でののレポート的ポストでした。そんな毎日が始まったのも、この写真のNikon FEとお店で偶然目が合ったから。この写真は購入前にまさに目が合った時に撮った一枚です。古いカメラだけに挙動もゆるいと思うこともあるけど、なんかそれも含めて風合いを感じさせてくれるカメラ。僕みたいにスライス・オブ・ライフ的に写真を撮る感じならやっぱりいいと思う、フィルムカメラ。

 

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です