Leica M-P typ240

ライカ使いだから気にもとめてなかったけど、今どきMFオンリーのデジカメって凄いよね。

Leica M-P typ240, Summicron 50/2 1st

ライカ使いだから気にもとめてなかったけど、今どきMFオンリーのデジカメって凄いよね。

最近、FUJIFILMのX-Pro1を手に入れて、ふとフジノンのAFレンズもいるんじゃないかと考えたんだけど、そもそもこのボディを手に入れたのはオールドレンズをはじめ結構な数を持つMFレンズ用としてだったと気づき、結局スクリューマウントのVoigtlander Snapshot-Skoparをつけて楽しみ始めている。

けれど、よく考えると、こんなハイテクカメラの時代に、我ながらよくMFばかりで撮ってるなあと、ふと思ったんだよね。実際、僕が所有するレンズの大半はMFだ。フィルムカメラを好むこともあってMFレンズが増え、やがてそのレンズをデジタルでも使ってみたいとNikon DfやM型デジタルライカにたどり着いたんで、デジカメもMFレンズで撮ることに何の疑いも持たずここまで来たんだよね。

いやいや、普通疑い持つだろ?と言われそうだけど、M型デジタルライカで撮ってるとそのへんが麻痺するというか笑。僕はライカの中でもオールドレンズを好んで使うけど、最新のレンズだってMマウントに関して言えばぜんぶMFだから、これはもうライカのこと知らない人からしたら、なんで高価なお金を払って、AFも手ぶれ補正もない面倒くさいカメラやレンズを使うのか、ってことになる(特に誰かに聞いてみたことはないけど、たぶんそういう感想なんじゃないかと思う)。

けれど、僕だけじゃなくて、実に多くの人がこの「あえてデジカメをMFで撮り続けてる」ワケなのである。AFでピント合わせできないから、やれ視度補正レンズがいるとか、夜は距離目盛も見えないから目測で撮らなきゃとか、いろいろ面倒くさいわけだけど、本人は面倒くさいとは思っておらず、むしろカメラを操ることをニヤケながら楽しんでいるのである。一般の人からすると非常に面倒くさい人間だよね、これはね笑。

とはいえ、僕はAFもまったく使わないわけじゃない。Nikon DfにDレンズやGレンズをつけて楽チンモードで撮る時もあるし、OLYMPUS PEN-FやRICOH GR、SIGMAのカメラなんかはAF頼みでヒュンヒュン撮ってる。まあケースバイケースなんだけど、それでも僕の基本にあるのはMF撮影。あれ?僕は写真やる人の中でももしかしたら普通じゃないMF好きな人の輪の中にいるのかなとふと思ったんだよね。そんなだから、ズームレンズに至っては年に一、二度しか使わない笑。そういえば、赤城さん監修の本のタイトルに「ズームレンズは捨てなさい」という本があったなあ。当時はなんて行き過ぎなタイトルなんだと思ったけど、今なら分かる。そういうことかと笑。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です