日記のようなもの

ブログは僕自身だ。

RICOH GR

今朝、通勤時間にKindleでとあるブログ本を読んでいたら、「すべてのホームベースをブログにする」みたいなことが書いてあって、ブログをやっていない人には大した話に聞こえないかもしれないけど、僕は少々ハッとした。

そもそも僕がブログを立ち上げた時は、言うなれば一眼レフ/写真関連ブログだったから、記事の内容はほぼカメラないし写真のことだったけど、その後カメラをGRだけにしたり、ロードバイクを始めたりで少しずつ内容も変わってきた。やがて、もう少しブログの世界を広げようと、僕が気になるモノ語りや本、音楽のことなんかも書くようになり、そういう意味ではカメラ/写真関係だけにテーマを絞ることの方が不自然になってきた。

そう、このブログはカメラ/写真のことを綴っているんじゃなくて、「僕自身」のことを綴っているんだと。

僕の中の”記憶”を綴るという意味では大きく変わらないし、基本は僕が撮った写真を一枚絵にしてブログを書いているから”カメラ”というフレーズも間違いじゃないんだけど、もう少し「僕自身」を綴ることに寄ってもいいんじゃないかと思った。特に匿名にするつもりもなかったし、これからはもう少し僕自身を語る「記憶カメラ」でありたいなと考えていたところに、今朝のブログ本に会ったということ。

Twitterのほうはじぶんの本アカウントのほうにもブログ「記憶カメラ」のURLを貼ってみた。Instagramは写真専用SNSだから当面は記憶カメラのアカウントでそのまま続けようと思うけど、いい機会がきたらそっちの方も「僕自身」に連携できればなと考えている。こうなるともはや雑記ブログのようでもあり、とりあげるジャンルがいろいろあっちこっちいってとっちらかりそうな予感もするけど、僕はあまり複数のことを走らせるのが得意じゃないし、僕という人間はひとつだから、ひとまずこのブログに「僕自身」を集約していこうと思っている。何かが変わるかもしれないし、何も変わらないかもしれないけど、とりあえず少し舵をきってみます。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です