日記のようなもの

カメラがあるとリズムが生まれる。

カメラが無くても生きてはいける。スマホのカメラもあるし、そもそも写真を撮らなくても素通りしていけるし。でも、カメラがあると日常にちょっと思考を伴うクリエイティブなリズムが生まれる。なにも奇抜で驚くようなシチュエーションじゃなくてもいい、目の前のふとした光景や思いみたいなのをすくいとるような感覚で、撮る。僕は一日に何枚撮るかも分からないし、これまで何枚撮ってきたかも分からないけど、かなりの数を撮っているとは思う。撮らなくてもいいものかもしれないけど、撮り続けることが生き続けることに直結してきたように思う。そしてそれは人生にかなりいい影響を及ぼしていると思う。無理に撮ることはないけど、どこに行くにもカメラを連れていくことがすべての始まりのように思う。では、よい日曜日を。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です