Leica M-P typ240

ずっと「カメラの旅」の途中なんだ。

Leica M-P typ240, Summilux 50/1.4 2nd

先週からちょっと思うところがあって、土曜日になった朝、そのテストを敢行してみた。ライカのオールドレンズたちがFUJI機で上手くマッチするのかどうか、ということ。あ、この場合の「マッチする」という尺度はあくまで僕個人の好みの問題なので悪しからず。

で、結論からいうと、僕はちょっとしっくりこなかったかもしれない。僕の中でズミルックスを使うということは、絞り開放でボケの世界を堪能したいということ。そして、オールドレンズを選んでいるのはどこか曖昧さも滲んだ描写を求めてるということ。そのあたりが、M型デジタルだと大きな包容力をもっていい具合に抑え込んだ着地をしれくれる感じがあるんだけど、FUJI機を通したズミルックスの描写は、なんというかとても小綺麗にまとまりすぎる気がした。んー、言葉で表現するのは実に難しいので、全然言い当てはいないと思うけど。

僕のFUJI機とはFUJIFILM X-E3のことなんだけど、APS-CセンサーサイズなんでSummilux 50mmの画角は約1.5倍の75mm中望遠サイズくらいになる。その画角のことやレンズの使用範囲の狭さが起因してるのかもしれないし、当然センサーそのものの性質の違いもあるわけだけど、なんというか「気分が乗らない」。そう、気分が乗らないという表現がいちばんしっくり来るかもしれない。

気分ということになれば、それに起因してるのはやっぱりカメラそのもののタッチの問題かな。いや、別に問題という悪い話ではないんだけど、M型デジタルのボディに対してFUJIFILM X-E3はファインダーはEVF仕様で、シャッターフィールもどこか軽い。X-E3の主な活用シーンは僕の場合、街中のスナップなんだけど、そこではファインダーはほぼ目測的な画角確認程度なんでEVFで何ら問題ないし、シャッターフィールだって喧騒の中では静音なら他は気にしている暇もない。

つまり、街中ではまったく気にならなかったんだけど、こうして週末にファインダーを覗きながら静かにじっくり撮りたいと思った時に、なんというか軽快すぎるというかスマートすぎて、濃厚さや余韻みたいなものを感じることがむずかしいかもな、と思ったんだよね。ストリートならまったく気にならないことかもしれないんだけど。

いや、そもそもライカのレンズはM型デジタルで楽しめばいいし、FUJI機は街中のスナップ専用機として使い分ければいいじゃん!と言われそうだけど、僕の中で仮にX-Pro3を入手した場合、それはM型デジタルボディに代わるフィットの仕方が楽しめるのか、そんなことを確認してみたいと思ったんだよね。もし、ライカのレンズとの相性も良ければ、どうかしたらM型デジタルに代わる基幹ボディになるかもしれないと。でも、人間同士でも、カメラとレンズでも相性というのはあるわけで、僕はなかなかFUJI機ボディとライカレンズの相性の良さを見出すことはできなかった。

本当はズミルックスで試した後、ズミクロンでも試そうと準備してたんだけど、ズミルックスである程度結論めいた感覚があって、ズミクロンはもう試さず、写真の通りズミルックスをM-P typ240に付け替えて、いわゆるライカのボディとレンズの組合せという、どこかとても心落ち着く機材に持ち替えて、また少し撮り直しの散歩へ出かけたわけである。

最初にも書いた通り、これはあくまで僕個人の相性の問題なので、FUJI機とライカのレンズが合わないという話ではないです。実際、FUJI機には純正のMマウントアダプターも用意されていて、たぶんいちばんライカのレンズを愛してるメーカーだと思う。そうやって楽しんでる人の方が断然多いしね。でも、カメラとレンズの組合せはほんと繊細な感覚のものだから、見た目も、操作フィールも、写りも、実にバラエティに富んだ数があるし、人が感じる使い心地も千差万別だと思う。

そんな無限の組合せの海のような中を、僕らは旅してるんだろうなと。理想の使い心地を追い求めて、さまざまボディとレンズを組み合わせたり、それぞれの撮影に合ったシーンやロケーションを探し求めたりするような旅。僕もおかげさまでどうやらそのカメラの旅の真っ只中にいるようで、こうして日々ぼちぼちとボディやレンズを組み合わせては、じぶんか好きなフィーリングを探し求めてるところ。

それはね、同じメーカーのボディとレンズを組み合わせたほうが、ある意味想定内というかハズさない描写や撮影体験が得られるのかもしれないけど、そこはやっぱりいろんな組合せを確かめたくなるんだよね、じぶんの目や耳、手でね。手放しにライカが良いというつもりは無いんだけど、今日のところはライカのボディとレンズの組合せの素晴らしさを再確認したというか、ふりだしに戻ったというか笑。まあ、でも旅だからね、ゆっくりマイペースで確認の旅を続ければいいと思ってる。また明日も。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です