NikonとNIKKOR

あまり出番はないんだけど、たぶん一生手放さないNikon P340。

image

今はNikon D750とRICOH GRが日常のメイン/サブカメラなんだけど、実はもう一台コンデジを持っている。それがNikon P340のブラック。D5300の次に手に入れた人生で2台目のカメラです。3台目のGRを手に入れてからは平日用カメラとしての出番はほとんどなくなっちゃたけど、あり意味P340との出会いのおかげでスナップを撮ることに目覚めたし、良くも悪くももっと起動の速いカメラじゃないと街中のスナップは厳しいかも、と気づかせてくれた「前へ進むためのプロセスを導いたカメラ」とも言える。僕のカメラ人生1台目のD5300はすでに別れを告げてしまったけど、このP340は今のところまったく手放すつもりはない。それは、このカメラの佇まいがとにかくたまらなく愛おしいから。コンデジだけどNikonのロゴが堂々と収まったデザインはなかなか素敵。道具感がプンプン漂うスクエアなフォルムは機械好きのNikon少年たちにはたまらないんじゃないだろうか。僕はもう完全にプロダクトとしてやられてる笑。スナップシューターとしてならGRより勝っている点を見つけるのはちょっと難しいけど、接写ができるf1.8、意外と重宝する5倍ズームなんかは、花撮りにはいいし、散歩カメラにもいいんじゃないかな。こう書くとなんだかやっといいとこ見つけて書いてるように思うかもしれないけど、肝心のレンズは相当Nikonしてますよ、流石。

♪一青窈「霞道」を聴きながら

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です