さあ、新しいフィルムを入れて、きょうから夏休み第一弾。

Pocket

特に予定があるわけじゃないんだけど、仕事の間隙をぬってきょうから夏休み第一弾を取ることにした。出張が続いたり、リビングで愛犬と寝たりと、ここのところ体調を落としていたから、四日間を生かしてからだとあたまのチューニングをしたいなと考えている。

きのう現像受け取りのついでに、FUJI PRO 400Hを2本購入。フィルムカメラを始めて以来、フィルムに慣れようと業務用100を常用してきたんだけど、在庫が残りわずかになってきたのを機に、ちょっと新しい銘柄のフィルムにも挑戦してみようかなと思い、最近少しずついろんな種類のフィルムを買い足している。

業務用100以外にこれまで現像したことがあるのはカラー現像機でモノクロ現像ができるILFORD XP2だけ。今となっては業務用100のトーンがとても気に入ってはいるのだけど、何事もまずは経験ということで、この夏休み四日間でいくつかの新しいフィルムをおろしたいと思っている。

フィルムカメラがいいのは、ボディをかえたり、レンズをかえたりはもちろんのこと、こうしてフィルムもさまざまな種類をかえて楽しめること。カラーかモノクロかということだけじゃなくて、カラーネガにもいろんな種類があるし、ポジフィルムだってある。僕は所有していないけど中判をやる人なんかはブローニーフィルムも楽しめる。デジタルがボディの中にさまざまな機能が満載されているのに比べると、フィルムカメラは機能はシンプルだけどこうしてフィルムや現像、プリントで多彩に楽しめるのは遊びがいがあるし、趣味の奥深さをくすぐる大きな要素だと思う。

コストに関してだけど、僕はふだん業務用100の24枚撮りで撮影して、現像とデータ化をお店にお願いしている。フィルムは一本¥200ととてもリーズナブルなんで毎週3〜5本ほど現像してるんだけど、そうすると5本として、撮影枚数は120枚、フィルム代¥1,000、現像代が¥5,500、合計¥6,500くらいかな。フィルムが安いからたくさん撮っちゃえみたいなところがあったけど、これをPRO 400Hにかえてみると、

例えば撮影枚数は3本分として108枚、フィルムは¥3,300、現像とデータ化代は¥3,300、、で、あれ、合計¥6,600であんまり業務用100と変わらないなあと笑。一週間でPRO 400H 36枚撮りが2本以内なら、今の業務用100で撮るペースのコストより安くなるかもしれない。自家現像や自家スキャニングは僕には時間的にも無理だと思ってるから、こうしてお店に現像やデータ化をお願いしつつ、やっぱりコストは気になるところ。そういう意味でも、フィルム代は高くても現像代を抑えられる36枚撮りフィルムはちょっと試す価値はあるかもしれない。

このFUJI PRO 400Hはフィルムを始めた頃から気になっていたフィルム。よく言われるのは青味がかったフィルム色だけど、僕が撮るとどうなるんだろう。楽しみ。まずは補正もお店任せでいつもの通り現像してみたい。業務用100のアノ日常感も好きだけど、またフィルム色に恋するきっかけになるかな。フィルムライフ、楽しみは尽きない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA