NikonとNIKKOR

Nikon Dfに初のAi Nikkor 50/1.4Sをつけて散歩カメラしてみた。

Nikon Df, Ai Nikkor 50/1.4S

これ最初に結論から言うと、凄くいいのでみんな手に入れたほうがいいです笑。定番中の定番のオールドニッコールだから持ってる人は多いと思うけど、僕は50/1.4はAuto NikkorとDレンズしか持っていなかった。50/1.8はAi-Sと現行Gレンズを持ってるけど、やっぱり撮れ味は違うなあと思った。語彙が乏しくて恐縮だけど「綺麗にとろけるレンズ」といえば少し伝わるだろうか笑。

Nikon Df, Ai Nikkor 50/1.4S
Nikon Df, Ai Nikkor 50/1.4S

ピントが甘いのは片手に愛犬のリードを持っているんでお許し願いたいんだけど、それでもとろとろ具合は分かってもらえるんじゃないかと思う。ボケなんて…という人もいるけど、僕はボケは大好きで、ボケが撮りたいから一眼レフを手にした分かりやすいタイプ。一眼レフを持ち出す時は被写体がどーのこーのとかは二の次で、とにかくボケを楽しんでるといっても過言ではない。

Nikon Df, Ai Nikkor 50/1.4S
Nikon Df, Ai Nikkor 50/1.4S
Nikon Df, Ai Nikkor 50/1.4S
Nikon Df, Ai Nikkor 50/1.4S

さすがに何が撮りたいのか分からなくてボカし過ぎじゃね?と言われるかもしれないけど、いいんだ、この場合ボケが撮りたいのだから。そのカメラ、そのレンズでしか撮れないボケを僕は確かめて楽しんでるところがあるくらいだから。そういえばライカのレンズの中でもいちばん好きなのは開放値f1.4のズミルックス。もうこれはf1.4好きといっていいだろう。

Nikon Df, Ai Nikkor 50/1.4S
Nikon Df, Ai Nikkor 50/1.4S
Nikon Df, Ai Nikkor 50/1.4S
Nikon Df, Ai Nikkor 50/1.4S

なので、このポストに絞った写真はありません。ひたすらf1.4開放、とにかく開放の癖を感じてもらえたらなと。いや、けど、普通こんだけボケたらさすがに暴れ過ぎて少し酔うようなところがあるけど、このAi 50/1.4Sは気持ちいい。僕はNikkorのレンズのボケは古いモノほど好きだけど、AutoよりAi-Sのほうが好きかなあ、とろけるという意味において。

Nikon Df, Ai Nikkor 50/1.4S
Nikon Df, Ai Nikkor 50/1.4S
Nikon Df, Ai Nikkor 50/1.4S
Nikon Df, Ai Nikkor 50/1.4S
Nikon Df, Ai Nikkor 50/1.4S

とろけるの嫌い、そんなにボケさせて何が撮りたい、という人にはアレだけど、スマホカメラには撮れない、コンデジにはむずかしい圧倒的なボケを手軽に楽しみたい人には、間違いなくおすすめイチオシのレンズだと思う。僕はこのレンズをいただいたけど、買うとしても割と手頃な値段で手に入るし、何よりフィルムカメラとデジタルニコンの両方でこうして楽しめるのがいい。ボケまくりましょう!

Nikon Df, Ai Nikkor 50/1.4S
Nikon Df, Ai Nikkor 50/1.4S
Nikon Df, Ai Nikkor 50/1.4S

ちなみにあまりにボケが楽しかったんで、手持ちのカメラたちも撮ってみた。ピントが凄く薄いのは分かってもらえると思う。ここまで立体感が出ると、ほんとボケのグラデーションだけで撮る楽しみがあると僕は思う。なんだか街中にも持ち出してみたくなったな。氷の入ったグラスとかを前ボケ、後ボケとかいろいろ撮り試ししてみたい衝動に異常にかられる。

Nikon Df, Ai Nikkor 50/1.4S

とまあ、レンズのレビューというよりは、僕がボケが好きですというブログになっちゃってるけど笑、少しでも多くの人にこの「綺麗にとろけるボケ」のことはお伝えしといたほうがいいな、ボケ派としては、と思い、サクッと記事を書いてみた。Nikon機じゃなくてもSONY α7系の人、ミラーレスでオールドレンズを楽しんでる人、とにかくおすすめです。世の中にボケのある写真を大量生産しようじゃないですか、ボケ派として笑。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です