Contax & Planar

Contax RXとPlanar 1.4/50に激しく見つめられてしまったんだ。

Contax RX, Planar 1.4/50

Contax RXとPlanar 1.4/50に激しく見つめられてしまったんだ。

もう特に言い訳は無いです。タイトル通りです。入れ替えでも無いし、機械式でも無いけど、もうコイツにショーケース越しに見つめられてしまったら、そのまま立ち去るのは無理でした。

馴染みの店員さんにショーケースから出してもらうと、ズシリと見た目を裏切らない重厚感。プラナーの具合を店員さんに確認すると、僕の手はもうファインダーをのぞいて空シャッターを切ってました。

コシナのプラナー2/50ZMは使ったことがあるけど、ヤシコンのプラナー50mmは未体験。なぜか不思議とお店でも出会ったことがなくて、そういう意味では今までは縁が無かったのかもしれない。

でも突如として現れたんだ。この迫力のあるフードをまとって僕の目の前に。僕が想像するに、これはフルサイズミラーレスを手にしたからではないかと。すぐさま店内でNikon Z6用のマウントアダプターを探してもらう。

これも出てきたのである。「たしか一個だけあったと思う」と店員さんがつぶやきながら、ショーケースの奥から。もう迷う必要はなかった。僕はこのContax RXとPlanar 1.4/50、そしてZ6に装着可能なマウントアダプターを購入して店を後にしたのである。

まだ月曜日である。試し撮りができる週末まで先は長い。コンタックス機はコマ間ズレが出やすいというので、そればかりは撮ってみるしか確認のしようがないけど、まあ良い、直感で選んだから。週末までは自室で、このコンタックス機らしいシャッター音をヒュンヒュン鳴らすんだ。

追記)そうそう、Contax RXとPlanar 1.4/50のことをもう少し詳しく知りたいひとは、こちら ニシムラタクヤさんのブログ No.26 へどうぞ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です