KONICA C35

平日のスナップの相棒を、本格的にKonica C35にしてみようか。

金曜日の朝、軽快に家を出た僕のいきなりの失敗は、GRの充電を忘れたことだ。昨日のお昼に電池切れになったまま、夜のうちに充電するのをうっかり忘れていた。充電するものが多いのもこうしてどれかは充電するのを忘れる要因だと思う。

以前ならGRが使えない時点でブルーな一日だったけど、今は違う。僕の鞄の中にはフィルムコンパクトのKonica C35も入っている。そして鞄の中には同じく常に業務用100が何本か転がっている。そういえば近ごろはフィルム生活にも慣れつつあって、撮ったその場で写真が確認できなくても特に困らないことに気づいたし、僕のSNSの使い方も即座にリアルタイムで写真をシェアするものではないので、じゃ、しばらく平日のスナップもフィルムにしぼってみようかなと。

このKonica C35は露出はオートのレンジファインダーで、操作はピントをあわせてシャッターを押すだけ。ただ、ファインダーの中でピントを合わせるのがぼくはまだぎごちない。黄色の二重の像を合わせるんだけど街中では見えづらさもあり、距離感で感覚的にピント合わせできるようになりたいんだよね。そのためにもしばらく集中して使ってみる。去年一年間、GRに集中してきたように。

GRはレンズの出っ張りもほぼなくコンパクトだから、Runの時も薄いソフトケースに入れて連れ出してスナップを撮っていた。Konica C35も写真の通りコンパクトなんだけど、僕のはレンズシェードを装着してるから少々ポケットに入れるには都合が良くない。前から探していたんだけど、レンズシェードを外してレンズキャップを購入してみようかな。なかなかネットでも見つけられないんだけど。C35は電池がいるけどこれももしもの時はコンビニで調達できるから困らないだろう。どうかな、困るかな、日常。まあ、とりあえずやってみよう。フィルムで記憶する絵には興味あるから。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です