NikonとNIKKOR

僕は最初のカメラがNikon D5300だったから、APS-Cにはすごくいい印象がある。

image

僕のGRはひとつ前のモデルでAPS-Cセンサーになってからのもの。そこが購入の決め手だったこともある。それくらいAPS-Cは僕にとってポジティブな印象がある。

それはたぶん最初に手にしたカメラがNikonのD5300だったから。ほんと撮りやすいいいカメラだったな。サイズもむしろD5500よりどっしりして一眼レフらしいし、シャッター音も乾いたいい音。単焦点50mmとか装着するとコンパクトで軽量だから、外に持ち出すのも意外と楽。で、割とラフに撮ってもとても綺麗な写真が撮れる。バリアングルモニターだから地面に跪いて撮るのも楽しいし、前モデルで価格もこなれてるから買いやすい。まさにこれから一眼レフを始めようという人にはいちばんおすすめの一眼レフだと思う。

僕はその後フルサイズのD750に移行したけど、フルサイズは画質は素晴らしいけど”ちゃんと撮る”ことを要求する、そこはやっぱりハイエンドなカメラ。最初はD5300のような軽やかな写真が撮れなくて苦労した。そこから追い込んでいく楽しみがあるんだけど、ラフに綺麗な写真を撮りたいならAPS-Cのほうがいい気がする。

で、GRはこのAPS-Cサイズのセンサーを積んでるから、精巧なGRレンズのおかげもあって、ほんと気軽にヒュンヒュン撮ってもわりといい写真に仕上げてくれる。つまり、小難しいセッティングにあまり右往左往せずに、構図とかスピードに集中できるカメラ。そこがまた今の僕にとってはすごく心地いい。カメラの楽しみ方はいろいろだけど、RICOH GRについてはぜひたくさんのカメラユーザーに一度試してほしいな。あ、もちろんカメラビギナーの人にも。絶対裏切らないと思うな。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です