KONICA C35

デジイチでは撮らなかっただろうな、という写真がカメラロールに増えてきた。

写真の枚数はけっこう撮ってるほうだと思う。今はフィルムなら週に3〜5本、あとデジタルはGRで夜間のスナップを少々。それでもデジイチを使ってた時はもっと撮っていて、週末だけだったけど一度に200〜300枚はシャッター切ってたんじゃないかな。それからするとフィルムメインのいまはずいぶん落ち着いてきたと言えるのかもしれない。

とはいえ、デジイチでそんなに撮っていたのに、撮るものの幅はいまの方が広がったかな。あと撮るものも変わった。スナップに関していえばGRで撮ってきたから、いまもスナップつながりでGRの延長線上にはいるかもしれないけど、でもフィルムで記憶したいという光景はやはりちょっと違う。色、形、光と影、人、どこか微妙にフィルムというフィルターでまなざしはチューニングされてると感じる。

それらの多くは他人から見れば”なぜそんな光景をわざわざコストをかけてフィルムで撮るのか”と言われそうだけど、そこはじぶんでも不思議な感覚で、フィルム代や現像代はバカにならないのだけど、なぜか脳と体が反応してシャッターを切ってしまうのである。僕は今のところFUJI業務用100でカラー写真ばかり撮ってるけど、これがモノクロフィルムで撮るようになったら、そんな”撮る理由をうまく説明できないような写真”がもっと量産されるんじゃないかと思ってる。どうだろうね、行ってみるしかないね、そこに。

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。
関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です