KONICA C35

スナップ用カメラは、フィルムとデジタルの二台持ちが理想的。

RICOH GRIII, Konica C35

スナップ用カメラは、フィルムとデジタルの二台持ちが理想的。

きょうは出張で鞄の中には二台のカメラを忍ばせている。コンデジのRICOH GRIIIとフィルムコンパクトのKonica C35だ。この組み合わせは僕の中では定番で、ここ数年来、気に入ってよくこの二台をセットで持ち歩いている。

もちろん、潔く軽量化するならフィルムかデジタルのどちらか一台でもいいんだけど、朝夕の光をすくい取る感じはやっぱりフィルムは優秀で、できればフィルムで撮りたいというのが僕にはある。けれど、夜や暗所では高感度性能に優れたコンデジがやっぱり安心でラフに撮れたりする。そう考えると、できればフィルムとデジタルの二台持ちが理想的ということになる。

RICOH GRIIIのスナップシューターとしての優秀さはもうおなじみなので、あまり説明はいらないと思うけど、こんどのGRは起動速度がさらに速くなって、そのうえ手ぶれ補正がつき、しかもよりコンパクトになった。もう完璧の域に達した万能選手といったところかな。

一方、フィルムのKonica C35も実は露出はカメラ任せのオートなんで、ピントを合わせてシャッターボタンを押すだけという、紛れもなくスナップシューター。レンズは国産伝説のレンズともいえるヘキサノンで、カメラがかなり絞ってくれるのもあってテッサー型らしいとんでもなくシャープな写りを提供してくれる。カメラ好きの人にはおなじみの名機でもあるんだよね。

まあ気分的にも、フィルムで撮り続けるとデジタルで撮りたくなるし、デジタルで撮り続けると今度はフィルムで撮りたくなる。結局、フィルムとデジタルの二台持ちが精神的にもやはり最強というのは間違いないところ。近ごろスナップが楽しくなってきた、という感じの人には特におすすめの組み合わせです。

写ルンですを一年中持ち歩くような軽快さ。街角スナップシューター、Konica C35。 僕は街角を撮る時はコンパクトカメラだ。まあ、照れ臭くて街角でライカや一眼レフは構えられないからね笑。その点、RICOH GRやK...
GRに関しては比較対象は無くて、GRだから買うんだよね。 GRに関しては比較対象は無くて、GRだから買うんだよね。 これはもう完全に私見なので、あまり本気で読んでもらわないほうがいいかもし...
関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です