現像あがりの幸福、やみつきになってきた。

Pocket

先週の現像があがってきた。どれも特別なシチュエーションは一枚もないのだけど、僕にとっては現像あがりのインデックスを眺めることが最上の幸福になりつつある。カメラを持ち替えた時のシーンとその時の気持ちが、写真を眺めているとジワジワとよみがえってくる。この瞬間がたまらない。撮ってる時も楽しいけど、現像があがってくる時にもう一度楽しめる。そのフィルムの循環みたいなものが今ややみつきになりつつある。正直、フィルムを始めるまでは面倒な印象しかなかった。フィルムは買わないといけないし、露出はいちいち計らないといけないし、きちんと撮れてるかどうかは確かめられないし、現像には出さないといけないし、きっとデジイチとGRデジタル慣れした僕にはそぐわないだろうと考えていたけど、今ではフィルムじゃないとだめなくらいで、まさにフィルムにくびったけといったところ。じぶんがいちばん驚いている、その印象の変わりように。きっと僕みたいなフィルムの食わず嫌いみたいなひとっていると思うんだけど、これはぜひ一度食っちゃってほしい。撮れた写真の風合いもそうだけど、フィルムで撮る行為というのは、カメラを発明したひとたちの情熱がのり写ったような幸福感があるよ。間違いない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA