不便をもっとたのしもう。

Pocket

この場合「不便」という言葉を使うのが正しいかどうかは分からないけど。例えばフィルムカメラ。デジタルカメラやスマホカメラが全盛の時代にあって、フィルムを買わないといけないわ、現像に出さないといけないわ、データ化しないとスマホで送れなかったりと、まあ普通に考えれば不便だ。しかも、カメラそのものだってマニュアルが基本でカメラがオートメーションでやってくれることはほぼ無い。つまり高速で連写なんかまずできない。一枚一枚手をかけて撮る、それが基本だ。僕もそんな面倒なことはじぶんには性に合わないだろうと、ずっとフィルムカメラには興味を示さずにいた。でも、ひょんなことからフィルムカメラを手に入れ撮り始めてみると、多くの人がこの時代にあってフィルムカメラに魅せられている理由がわかる気がした。例えばクラシカルなレコード盤が流行ったり、万能機能搭載じゃなくてあえて機能が絞られた製品なんかがその分コストを抑えて楽しめたりするのなんかも少し同じような現象なのかな。これを不便ととるか、その作法や手間を味わいととるか、そこは個人の好みの問題だからどちらが正解とか不正解ということはない。でも、いまの時代が圧倒的に便利さに不感症になっている時代だとしたら、そこに異なるリズムや味、時間の流れ方を取り入れることはなかなかおもしろいことかもしれない。便利さよりも不便さのほうが自由をもたらしてくれるんじゃないか、そんなことをここ最近、僕は考えている。まだまだこの話には続きが書けそうだけど、それはたぶんテーマは異なってもこの先の僕のブログで語られていく話のどれもがそうだろうと思ったりしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA