ノンエフェクトで撮ったほうがGRらしい。

Pocket

RICOH GR, GR Lens 28/2.8

僕のGRの撮り方が変わった。RICOH GRは個性的なエフェクト機能を使って撮ることができ、それが面白みでもあるんだけど、このエフェクトを近ごろ使わなくなった。いわゆる素のモードで撮りだしたのである。

RICOH GR, GR Lens 28/2.8

きっかけはやはりフィルムカメラやデジイチの存在。そもそもこうしたカメラで撮る時、僕はレタッチは一切しない、いわゆるJPEG撮って出しなんだけど、加えてここ最近はレンズが本来持つ性能をいろいろ試していることもあり、だったらGRもGRレンズの素の性能を楽しもうと考えたわけである。

RICOH GR, GR Lens 28/2.8

結果は、ものすごくいいし、楽しい。GRレンズの綿密な描写は本来素晴らしいと言われるけど、エフェクトで撮るのをやめるとそれが如実に分かる。写真がまさにリアルになる感覚といえばいいだろうか。空をはじめ、空気が変わる。GRのカタログは解説コピーはほんのわずかで、ほぼ大写しの作例写真で構成されているのが印象的だけど、あの写真たちもエフェクト無しの素のGRレンズの描写で、あの質感がいいなと考えていたんだけど、やっとというか、フィルターの呪縛みたいなものから脱却できた気がする。なんでもそうだけど、素のままこそ、そのモノの性能を最も高く露わにできる。最近、特にそう思っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA