カメラは構えるけど、こころは構えない。

Pocket

たぶん、じぶんも裏切らないといけないというか。じぶんが描くゴールイメージというはどこかで見たことのある写真のイメージなんだと思う。荘厳な感じとか、ゆるふわな感じとか、路地裏スナップな感じとか。もちろん、そういう写真はいい感じに撮れればじぶんも他人もいいねなんて思うわけだけど、それはいいというより安心感があるだったりする、僕の場合はね。でも、どこか予定調和というか想定内というか、心の底からワクワクはしない、僕の場合だけどね。だから、何というか、こころは構えちゃいけないんだろうね。カメラはしっかり構えても、こころは構えない。見たことない写真が現像からあがってくるために、見たことない構え方で撮るしかない、いろんな角度から、いろんな距離感から。無駄なカットがたくさんできたりもするんだけど、そういう構えないこころから生み出される写真に出会いたいというかね。いいカメラ、いいレンズ、あんまり関係ないよね、そうなると。惹かれる写真はそんな写真で、そういう写真を撮られるひとはやはりいて、そういうのはこころからいいなと思う。そういう写真、撮れるかな。撮れるといいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA