カメラと山道を駆けあがって高原へ。

image

何を隠そう(隠してもないし、知りたくもないだろうけど笑)僕はカメラも好きだけどクルマも大好きで、今朝はこのカメラとクルマのコンビで高原までサクッと駆けぬけてきた。僕は道具感とエモーショナルなプロダクトが好きで、カメラならNikonとGR、クルマは代々BMW党。一度だけオープンカーのZ4に乗ってたけど、基本は3シリーズが好きでなぜか今は3のセダンとワゴンを所有している。今朝はセダンで駆けぬけてきた。

朝起きて散歩に行くまでは遠出をする予定はまったくなかった。でも、久しぶりの青空と鳥のさえずりを聞いていたら、ふと衝動にかられてBMWを山へと走らせてた。音楽はいつもの通り聞かない。エンジン音と路面の感触を楽しみながらワインディロードを駆け上がる。BMWはエンジン屋だからとかくレスポンスのよさみたいなことを言われるけど、僕は前後重量配分50:50のほうが効いていると思っている。路面の凹凸をしなやかにいなしながら、低速でも曲がる楽しみがあるクルマはそうない。途中、ポルシェ・カイエンとすれ違う。この人もけっこう同じ思考だなとかニヤリとしながら、高原の公園をめざす。で、到着したのがこの写真。僕のクルマだけ。それがまた気持ちよかった。係員の人しかいない自然道をカメラとゆく幸福感。やっぱり出かけるなら早朝だなと。そして、撮って、歩いて、撮って、また歩く。おとなの春休みは派手ではないけど、自由ではある。撮った写真とか、この続きは次のブログでまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA