RICOH GR

GRistのすすめ。

RICOH GR

GR BLOGやGR本とかに出てくる著名なGRユーザーのことを呼ぶ言葉、それがGRist。僕は著名でもなんでもないけど、この言葉が好きで勝手に普通の人でもGRの使い手たちをGRistと呼んでいる。最初にこの言葉を開発した人、ごめんなさい。まあGRをこよなく愛するユーザーのこととしてお許しを。

GRistの面々をみるとRICOH GRはけっこうカメラ通の人にも愛されていることがわかる。みんなじぶんのメイン機はほかにあるんだろうけど、サクッとふだん撮りしたりする時はGRなんだろう。で、僕らはアマチュアなわけだから、プロのメイン機のところは置いておくとして、サブ機のGRのところだけ参考にするのもいいんじゃないかと。

みんなふだんは仕事を持って忙しくしている。仕事終わりはクタクタですぐ帰宅したい時もあるだろうし、同僚や知人との付き合いもある。休みになれば家族との時間も大事だし、たまった家仕事もある。何より疲れたカラダを休めたいし、カメラ以外に楽しみたい趣味もあったりする。だから、無理をしないでふだん持ちできるGRのようなコンデジがちょうどよかったりする。

気負わず、気が向いた時にサクッと取り出して撮る。気が向いたときといっても、毎日常に鞄に入れておけばけっこうな頻度使うし、撮る枚数も意外と多くなる。失敗作が多くなるから、その意味でもアマチュアは撮る量が多いほうがやっぱりいい。そして、GRならデフォルトでいくつかのエフェクトも搭載しているから、遊び心のある写真も楽しめる。まあ、GRじゃなくてもいいんだけど、コンデジと24時間365日過ごす生活もなかなかいいよ、というお話。GRistが増えればそれはさらに嬉しいけどね、僕にとっては。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です