Nikon FE

好きなことは、ずっとやめないでいよう。例えば「カメラという趣味」について。

Nikon FE

職場を卒業する大先輩が、最後の送別会の席で話された言葉なんだよね。「好きなことは、ずっとやめないでいればよかったと、いま本当に思う」と。その先輩にとっての好きなことは音楽だったわけだけど、ふと定年退職を迎えるにあたり、好きな仕事をまっとうした達成感がある一方で、その歳まで気がつくと仕事ばかりで、好きなことをする時間をどこかおざなりにしていたことをちょっぴり後悔するじぶんがいたらしいんだよね。

これは僕、すごく分かるなあと。僕も実はそうなんだけど、運良くというか、好きな仕事に就けたことで若い頃はほんと仕事に夢中で、来る日も来る日も仕事のことばかり。いわゆる、仕事が趣味ってやつで、他人に趣味を聞かれてもまったく答えられるものがなかった。けれど、ふとある日、そんなでいいんだろうかと思い立つじぶんがいて、以来、Runであり、ロードバイクであり、スイムであり、サッカー観戦であり、そしてカメラと、思いつくものを本能に任せていろいろ試してみる日々が始まった。

ずいぶん歳をとってからスタートしたものばかりだけど、いま考えると、それでもそういうことに気がついて良かったなって。なんというか、視野がとても広がった。仕事をするということは、社会と接点を持つことで、社会とつながる以上、できるだけ広い社会を見たほうがいい。Runを始めたら皇居を走る人たちの気持ちや背景が分かるし、スイムをやれば子供の水泳の必要性やシニアの体力づくりのことも分かる。ロードバイクを始めたら、道路の路面の荒さやバリアフリーのことも分かり、トライアスロンに挑戦する人の気持ちも分かり始める。今まで知らなかったソサエティが俄然見えてくるんだ。

カメラだってそう。カメラなんて写ルンですくらいしか認識がなかった人間が、ある日デジタル一眼レフを持ち始めて、ファインダーという窓の中の世界の素晴らしさに一気に引き込まれる。そして、レンズという光学技術の凄さに驚嘆し、やがてそのカメラ史を紐解かずにはいられなくなり、どんどん時代をさかのぼりはじめる。そこには人生をかけてカメラやレンズの開発に取り組んだ人たちの情熱があり、思いが形になった名機たちが多くの人々にいまだに愛され続けていた。こんなドラマばかりのカメラという世界に出会えたことは、僕の人生においては本当にかけがえのない時間だったと思う。

まあ、お金もかかるし、手間暇も食う。カメラはハマるとどんどんと不便な方へ行く世界でもあり、これだけお金をかけて、なぜわざわざ苦労するようなことを増やすのかと思わなくもないけど笑、趣味とは手間もお金もかかるもので、そうして苦労するからこそ歓びももまた大きい。男の趣味なんて仕事を引退してからいくらでもゆっくりできるじゃないか、ということもあるかもしれないけど、仕事でまだまだ忙しい年代のうちにこそ、趣味がいろいろ日常を救ったり、豊かにしてくれる。だから、できれば若い頃から趣味だけは続けていたほうがいいし、若い頃に好きなことに巡り会えてるなら、それを生涯あきらめずに続けていたほうがいい。

カメラでもいいし、スポーツでもいいし、なんだっていい。じぶんが好きだと思えることを、仕事に溺れて忘れないで、ずっと大人になってからも続けていく。それが最高の人生のプロセスなんじゃないかな。趣味はサブじゃなくて、趣味こそ人生であり、趣味があっての仕事、そんな気がするんだよね、この歳になって。きょうのブログはカメラの話というより、僕の独り言のような話ではあるけど、この事はじぶんの大切な記憶として残しておかないといけないと思い、一気に書いてみた。奇跡的にもこのブログを読んでくれた人の、何かしらのきっかけになればうれしいけど。さて、愛犬と散歩へ行こうかな。

関連おすすめ記事

POSTED COMMENT

  1. ganko-oyazi より:

    はじめまして。毎日のように楽しく拝読させていただいております。

    30数年間、好きなこと、そう、カメラなんですが封印しておりました。
    ご多分に漏れず、仕事や家族が真ん中にある暮らしになり『いつかはまた…』と思い切りました。

    晴れて還暦を過ぎて、封印を解くと同時に、売ってしまったり後輩に託してしまったカメラを探し求めては、手触りや重みやシャッターを楽しんでおります。

    こちらを読まさせていただいて、『やめないでよかったなぁ』とあらためて感じております。

    好きなこと、楽しいことは、いかなることがあるにしろ、捨てる、やめるではなくひっそりとで良いから持ち続けることですね。

    • kiokucamera より:

      人生の先輩から僕もそのように教わりというか、気づかされて、本当にひっそりとでも細く長く続けられたらなと思っています。理想をいえば、もっと若い頃からカメラと出会えてれば良かったなとは思いますが、その分挽回するつもりで^ ^

      • ganko-oyazi より:

        充分に挽回されているのでは。
        私は勘所を呼び戻すのにちょっと苦労しております。
        それがまた楽しかったりするんですが(苦笑)

        • kiokucamera より:

          もうちょっと若い頃から挽回したかったのですが、これも運命なので、おっさん頑張ります笑。あ、そうそう、そういう勘所を取り戻すプロセスは楽しいですよね^ ^

  2. KT より:

    カメラを手にしたキッカケは、当時の彼女(今の嫁)が写真が趣味でして、その彼女とより仲良くなりたいから…という、邪な理由からでした。

    で、それから彼女(嫁)に連れて行かれるまま、写真を撮っていたらいつの間にか趣味になってましたwww

    他にも趣味はありますが、写真が一番長く続いています♪
    (夫婦共通の趣味だから続いているのかも)

    これからも末永く写真を撮っていきたいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です