雨音の聴こえる部屋で、桜の木の写真を眺めながら花見。

Pocket

たぶんこの雨は週末まで続いて、ということは今朝見た桜がもしかしたら今年最後の桜の見納めかもとか思うとちょっとセンチメンタルな気分もして、今年撮った桜の写真を見ながら花見をしている。エア花見ってやつかな。なんとなく音楽は鳴らさず、部屋の窓をあけて雨音を聞きながら。少し湿りっけのある冷えた空気が部屋に入り込んで、頭がすっきりとする。今年の桜は咲き始めが遅かったのと、微妙にピークと週末がずれたりしてなんだか短命だった気がする。まあだからこそ儚く思うわけで、なんでも完全より不完全なもののほうが心をわしづかみされる何かがあるなと思う。なにも豪勢な贅沢はいらないから、そういう儚いものを美しいなと思える感受性豊かなひとときを楽しみたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA