考えてみたら、僕の写真を撮り始めたきっかけはiPhoneだった。

Pocket

iPhone Camera, normal(加工なし)

今はほとんど写真を撮る時はデジタルカメラかフィルムカメラで、iPhoneはその写真を保存する場所であり、SNSなんかに共有するためのツールだけど、デジカメを持ち歩いていない時や、この写真のようにフィルムを撮り切ってしまった時なんかはiPhoneカメラを最後の手段に使う。

iPhoneであまり撮らなくなったのは写真の質感がどうのこうのとかじゃなくて、カメラを操作して「シャッターを切る」という工程が好きになっちゃったから、なるべくカメラで撮りたいということ。でも、考えてみると、僕がこうして今カメラにハマっているきっかけは、iPhone 3GSを手にして写真を撮り始めたことが大きい。もちろん、その前までもいわゆるガラケーのカメラで写メというやつは撮ってたんだけど、その時は特に「写真ってたのしい」という意識はなかった。写真を撮るたのしさを意識し始めたのはやっぱりiPhoneのカメラからなんだよね。ということは、ジョブズが世に送り出したiPhoneにはどこかカメラというアイテムを意識させる魂みたいなものが注入されてるんだと思う。

あ、でもiPhoneでこうして横構図で写真を撮るようになったのは、間違いなく普通のカメラを持ち始めてからだ。僕のiPhoneは6Plusでちょっと大きいサイズのもので、横に倒して撮るのは実はけっこう持ちやすさ的にはぎこちない。でも、画像じゃなくて写真を意識すると横に倒したくなるんだよね。あと知らず知らずのうちに光と影を意識してるのも普段のカメラ生活の影響かもしれない。まあ、要は別にiPhoneは嫌いじゃないってこと。実際ほんとよく写るよね。立体感には欠けるからボケを意識した写真には向いていないかもしれないけど、こうして無限遠感覚で撮るスナップなんかには全然使えちゃう。iPhoneとは別にSony Xperiaも持ってるんだけどそっちでは写真を撮りたいとはまったく思わないから、やっぱりスマホで撮るならiPhoneでのみ「そういう気分」が芽生える。その差は何なんだろうね。

あ、でもひとつだけ。iPhoneというかスマホで撮る姿はあまりカッコよくない。他の人がスマホで撮ってる姿を見ると、正直ちょっと滑稽な印象は感じてる。そこだけ解消されればずいぶん違うのになとか思うけど、これはスマホカメラのスペックがどんなに進化しようともなかなか解決するとは思いづらい。そう考えると、カメラというのは撮ってる姿のカッコよさ的にも魅力あるアイテムなんだよなと思う。ファッションなアイテムなんだよね、カメラは。というわけで明日は土曜日、ライカやニコン一眼レフで撮れる週末の始まりだ。金曜日の夜、いまからソワソワしてるからね、いい大人がね笑。決して派手なことではないかもしれないけど、幸福なことではあるよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA