これ1本で24mm、35mm、50mm、85mmまで。AF-S Nikkor 24-85 f3.5-4.5G ED VR

Pocket

AF-S Nikkor 24-85 f/3.5-4.5G ED VR

新たに手に入れたAF標準ズーム「AF-S Nikkor 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR」の試し撮りを、愛犬と一緒にしてきた。結論から言うと、これは予想した通り『相当買いな1本』だと思った。24mm、35mmの広角から、50mmの標準、さらに中望遠の85mmまで、これ1本あれば撮れるってなかなか凄いことだよなと。

AF-S Nikkor 24-85 f/3.5-4.5G ED VR

しかも特筆すべきは、それだけのカバー領域を備えながら、驚くほど軽量でコンパクトなこと。僕はNikonフルサイズ機最軽量のDfに装着してみたけど、思った通りの軽快さで外に持ち出せる。カメラやレンズにとって「外に持ち出しやすい」というのは、僕からすると最高性能と言っていい。

AF-S Nikkor 24-85 f/3.5-4.5G ED VR

描写の美しさも僕にとっては十分だ。カリッと決まるピントのあった部分からボケへと流れる感じ、そして適度に周辺減光する感じも僕にはとても気持ちいい。今朝は愛犬との散歩カメラに連れ出したんで、ふつうの住宅地周辺の景色を撮ってみたけど、特に広角域を生かして景勝地を撮ってみたいなと思ったし、実際85mmまで自在にズームできるとなると、旅行の時なんかはこれ1本あればすべてカバーできるだろうね。

AF-S Nikkor 24-85 f/3.5-4.5G ED VR

僕がこのレンズを手に入れた理由はもうひとつある。それはフィルムカメラのNikon F6にも使いたいと思ったから。ふだんF6は単焦点レンズ50/1.4Dをつけて楽しんでるけど、風景スナップを撮る僕にとっては広角域も欲しくなる瞬間がある。そんな時に24mmや35mmを瞬時に使えたらおもしろいだろうなと思ったんだよね。

AF-S Nikkor 24-85 f/3.5-4.5G ED VR

実際、それは正解だった。きょうこのDf×散歩カメラでデジタルの試し撮りをした後、今度はNikon F6に装着してフィルムでの試し撮りもしてみたんだけど、広角から標準、中望遠までいける気持ちよさを堪能することができた。フィルムはリバーサルを使ったんだけど、フィルムだとどんな描写をもたらしてくれるのかは現像あがりまでのお楽しみ。

AF-S Nikkor 24-85 f/3.5-4.5G ED VR

僕のブログはふだんは一記事に一枚の写真なんだけど、試し撮りの時は他の人の参考にもなればと数枚の写真をアップすることにしている。僕もふだん、かなりの情報をネット上の記事で助けてもらってるから、僕のつたない記事でも誰かの役に立てばいいかなと思って。このAF-S Nikkor 24-85 f/3.5-4.5G ED VR、間違いなくフルサイズ用の標準ズームとしては最もバランス感覚に優れた一本と言っていい。軽さ、コンパクトさ、そして買いやすい価格と、どれをとってもベストな選択。僕には最高のレンズのひとつになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA