Fujifilm S2Pro

朝の光とS2 Proに、僕は最高に癒される。

FUJIFILM FinePix S2 Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D

手に入れて間もないオールドデジカメの感触をもっともっと味わいたくて、この週末もFUJIFILM FinePix S2 Proを朝の散歩へ連れ出した。愛犬と一緒の散歩だから、AF機とAFレンズの組合せは片手で撮りやすく、理にかなった機材チョイスでもある。

FUJIFILM FinePix S2 Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D
FUJIFILM FinePix S2 Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D
FUJIFILM FinePix S2 Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D
FUJIFILM FinePix S2 Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D

少し前の初試写の記事にも書いたけど、やっぱりこの低画素617万画素とハニカムCCDの組合せがもたらす描写は、なんとも言えない空気感を描き出してくれ、とても心地いい。

FUJIFILM FinePix S2 Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D
FUJIFILM FinePix S2 Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D
FUJIFILM FinePix S2 Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D
FUJIFILM FinePix S2 Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D

やっぱり適度に緩く曖昧な感じが、僕の中のフィルム的イメージに重なるところがあって気持ちいいんだろうね。あと、シャッターフィールもフィルムニコンF80のおっとりした機構が採用されていることもあって、撮って癒し、写っても癒し、という感覚なのである。

FUJIFILM FinePix S2 Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D
FUJIFILM FinePix S2 Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D
FUJIFILM FinePix S2 Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D
FUJIFILM FinePix S2 Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D

あと、やっぱり朝の光と影が織りなす柔らかさと立体感が僕には心地いい。たまの休日だから朝寝坊してダラダラとしたい気持ちも無くはないけど、朝のうちにシャッターを切りたいという気持ちがどこかあって、出かけてみるとやっぱり朝の道がいいなと再認識するんだよね。まあ、愛犬に朝早く起こされるというのもあるんだけど笑。

FUJIFILM FinePix S2 Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D
FUJIFILM FinePix S2 Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D
FUJIFILM FinePix S2 Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D
FUJIFILM FinePix S2 Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D
FUJIFILM FinePix S2 Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D

というわけで、今朝も深呼吸がてらカメラのシャッターを切ってすっきりした。加えてこのS2 Proがもたらしてくれるヒーリング効果にしばし包まれて、ちょっと生き返ったような気分さえする。Twitterなんかを見ていても、同じようにS2 ProやS5 Proに魅せられている人がいて、何か同じような嗜好の人が少なからずいることにもホッとしたり。カメラは人を幸福にする、ほんとにね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です