日記のようなもの

写真を見て「なんか好き」と言われる、その「なんか」が好き。

image

この場合は「なんか好き」でも「なんか感じるものがある」でも何でもいいんだけど、そのフワフワとした抽象的な「なんか」が僕には最高の褒め言葉だと思っている。僕は上手な写真を撮る技術はない。だから、上手い写真じゃなくてただただなにかを感じてもらえる写真を撮ろうということになる。

上手い写真じゃないから、あまりTwitterのタイムラインは汚しちゃいけないみたいな思いがあり、このブログに使用する写真以外はほぼポストしない。日々の写真は、写真専用のSNSであるInstagramのほうに連投している。しかも海外の人が見てくれている感じだから、コメントもほぼ添えず、写真だけをポストしている。そんな写真だけの僕の世界を見てくれて、その写真を「なんか好き」みたいに言ってもらえるとしたら、これ以上の励みになることはない。世の中、ファジーなことはあまり許されない時代になりつつあるけど、写真に限っていえば「なんかいい」「なんか好き」「なんか感じる」等々の「なんか」は相当嬉しいのである。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です