日記のようなもの

イヤフォンを鳴らしながら写真を撮ると、なんかノリウツル。

アフィリエイト広告を利用しています
image

GRで撮る時は、撮る準備をして歩いているというより、歩いている時に咄嗟に撮ることがほとんどだから、そのとき僕はイヤフォンで音楽を聴きながら歩いてたりするわけで、結果としてそのまま写真を撮るシチュエーションになる。一眼レフだとイヤフォンしたまま撮るなんてことは僕の場合まずない。そこはある意味大きな違い。音楽が頭の中をかけめぐる状態で景色と向き合うと、やっぱり景色はどこかエモーショナルな空気になる。そうすると、必然として撮る写真にも音楽が影響を与える。いいか悪いかは別として、僕はこれ嫌いじゃない。街中や通りのガヤも気にならず、目の前の撮りたいものに集中できる感じもある。ロックを聴いていればロックな写真になるし、ピアノ曲を聴いていればそういう写真になるし、アコースティックギターの鳴る音を聴いていればやはりどこかそんな気配に。僕はGRは操作音もシャッター音もすべてオフにしているから、聴こえるのはイヤホンからの音楽だけ。これもアリだなと。