RICOH GR

GRレンズの精巧な描写に、たまにドキッとさせられる。

image

GRで撮る時はやっぱりサクッとスナップで記憶することが多くて、ほぼノーファインダーみたいなことがほとんど。その場合、データをiPhoneやiPadに飛ばして後から撮れ具合なんかを確認することになる。光の少ない場所や屋内なんかで撮ったものだとブレてるものも少なくないのだけど、たまに逆に驚くくらい精巧に撮れていることがある。一眼レフに比べるとカメラもレンズも不安になるくらい小さく少々頼りなくもあるんだけど、ピントがビタッとあった時のGRは想像以上にいい仕事をする。

この前、「カメラを毎日持ち出すとなると、GRが大本命になる」という記事をポストした時は、同じくGR使いの人から「たまにポートレートもGRで撮るくらい」とやはりその実力を褒めていた。GRの本当の性能を引き出すには、手ブレとの戦いなのかもしれない。秋になったら行く道行く道に暖色のアースカラーが増える。この秋はGRで少しじっくり構えて撮ろうか。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です