仕事仲間に恵まれれば、仕事は何より人生の支えになる。

RICOH GR

好きな仕事に就けている人、好きな仕事ではないけど家族を守るために仕事に励む人、いろいろだけど、一日のうちの多くを過ごす仕事場という場所はやはり人生に大きな影響を与える。そして、その仕事の日々とは時に達成感があるものの、どちらかというと試練であることが多い。前例のないこと、運に見放されること、理不尽なこと。そんな毎日だけど、仕事仲間に恵まれればなんとか走っていける。じぶんのことだけでも忙しく大変なのに、どこかまわりのメンバーを互いに見守り、何かあれば支えるぞという空気。文化とでも言おうか。僕はそういうものに多大に助けられてきたし、できればじぶんがしてもらったように誰かを助けなければいけないという使命感みたいなものも少なからずある。ドライに考えれば仕事仲間とは仕事だけの付き合いの仲間とも言えるけど、毎日何時間も人生を共にする仕事仲間に恵まれれば、人生に恵まれているといっても差し支えないんじゃないだろうか。それほど仕事仲間とは大事だし、そんな文化を持ち合わせた仕事場を持てることは何より幸福なことかもしれない。

映画ダ・ヴィンチ・コードを10年ぶりに見たけど、まったく古くないね。

RICOH GR

映画インフェルノ公開のニュースが出始めたんで、まずはシリーズ前作二本を復習しようと思い、Huluでまずは一作目「ダ・ヴィンチ・コード」を見てみた。主演のトム・ハンクスこそ多少若さを感じるけど、ストーリーはまったく古さを感じさせなかった。普通なら映像の質感そのものから古さが否めなかったりするもんだけど、そこもまったく違和感なく、この作品が当時いかにハイクオリティで作られたかがわかる。男は、いや僕はこの手の秘密結社の陰謀を解き明かすストーリーが好きだ。正直アニメやその延長線上のSFみたいなのには子どもの頃からまったく興味がなくて、宇宙の話や古代ピラミッドの話、そしてこういう世界の七不思議みたいなものに魅せられてきた。それもあってダ・ヴィンチ・コードなんかも贔屓目に引き込まれるのかもしれない。第二作の「天使と悪魔」ももう一度見て、それから第三作「インフェルノ」を見ようと思うんだけど、インフェルノについては原作本を読もうかなと迷っているところ。過去二作に比べればずいぶん分かりやすいストーリーとの評判だけど、この手の映画は秘密や謎を解き明かしていくのが楽しいわけで、その微妙な描写は2時間ちょっとの映画版ではすぐに理解はなかなか難しいだろうと。あと、インフェルノはなにかと現代社会の背景が色濃く出ているらしく、インターネットや先端デバイス、人口爆発といったいかにも2016年の映画らしい描かれ方をしているらしい。 ま、いずれにしても本も映画も相当楽しみなのである。謎解き大好き世代にはね。

大人になると秋が好きになるよね。

RICOH GR

子どもの頃は”芸術の秋”とか”読書の秋”とか言われてもさっぱりピンとこなくて、”スポーツの秋”とか”食欲の秋”くらいしか謳歌していなかったけど、大人になると夏より秋のほうが好みになるから不思議だ。特にカメラ持ちには秋はたまらない。夏の間、クールに振る舞っていた自然たちが一斉に色気を放ち始めて、どっちを向いてもシャッターを押したくなる。街中であっても太陽光の加減がどこかアートしていて、シャッターを押すとやっぱりどこか雰囲気のある写真になったりする。

僕の日常の写真倉庫であるInstagramの写真もふだんは寒色系でどこか男くさいんだけど、秋になると暖色系がまじって少しだけアーティスティックになる気がする(笑)。今度の週末が来る頃には11月にも突入して辺りの自然もさらに色気を放つかな。カメラが手放せない季節だね。短い一瞬のシーズンだから楽しもう、カメラ持ちたち。