日記のようなもの

目を凝らしたり、耳を澄ませたり。

image

ものすごく雑音の多い世の中だから。単に騒々しい音や色が多いというだけじゃなくて、情報が乱反射しまくっているという意味でも。でも、だからといってその騒々しさに埋もれないようにさらに大声で叫ぶ感じは何か違う。どちらかというと、その騒々しさに埋もれて見過ごしてしまいそうな小さなモノ・コトに目を向け、耳を傾けることのほうがなにか本質的なものを呼吸できる気がする。時代がそうなのか、僕の今の感受性がそうなのか。むずかしいけど、そんなことを近ごろ考えている。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です