KONICA C35

気がついたらフィルムも1,200枚以上撮っていた。

ある日、突如としてフィルムカメラを購入してから3ヶ月くらいが経つかな。その間に気がついたら1200枚を越えるフィルム写真を撮っていた。写真が上手くなったとは思わないけど、フィルムで撮る感覚みたいなものは少しわかってきた気がする。いちばん頻度高く使っているカメラはKonica C35とLeica M3だから、レンジファインダーで撮ることに慣れてきたとも言えるかもしれない。寄れないカメラで撮りだすと、おのずと画角の中の切り取りたいイメージも少し変わるし、パンフォーカスが増える。その意味ではGRデジタルでスナップを撮っていた時に近いけど、ソリッドなGRの写り具合と比べると、フィルムの撮れ味はマイルドだ。その撮れ味の違いが、撮りたいものの違いにもつながっている。あと、フィルムでもLeica M3+Planarの写りが細部までシャープなのに比べると、C35のほうは写り過ぎないマイルドな写真の風合いは想像以上に気に入っていて、M3用にもオールドレンズが欲しいなと思ったりしている。フィルム、カメラ。使えば使うほど興味は尽きない。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です