NikonとNIKKOR

春はファインダーの中からやってくる。

image

僕が一眼レフを持つようになって一年と少しになる。最初に手にしたNikon D5300には標準レンズの18-140と単焦点50/f1.8を使っていた。中でもハマったのが単焦点レンズ。だから去年の今頃は単焦点レンズのおもしろさを梅の花を題材に楽しみまくっていた。そんなことを思い出したから、今朝は単焦点×梅の花を撮りたいと散歩カメラに出かけた。

image

梅の花がいいのは、色が白とピンクとあること。撮り比べる感覚を楽しめる。そして何よりいいなと思うのは枝の流れ方。花だけ見れば桜も美しいけど、枝の流れ方まで含めると梅の光景が美しいなと思う。まだまだ満開じゃないけど、花が少ないからかえって枝の流れ方が楽しめて、それはそれで写真ゴコロをくすぐられる。

image

単焦点で撮る時はほぼ絞り開放だ。予想を超えてボケることもたくさんだから、何やら眠たい写真になったりするんだけど、せっかく一眼レフで撮るなら存分にボケを楽しみたいと思うじぶんがいる。たぶんiPhoneやGRでは醸し出せないものを週末にドバーッと得たいという気持ちがあるんだろうね。f4くらいで撮ればもっと「いい写真」が撮れるのかもしれないけど、まあいいんだと。週末は気分も開放、レンズも開放、じぶんをとことん開放させるんだからね。さあ、春が来るよ。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です