日記のようなもの

悩むが勝ちだよ、人生は。

夢だったり希望だったり憧れだったり、ひとには手に入れたい道とかモノとかがある。そして、それは大抵の場合、いくつかの登り方があって、ひとはその都度その選択に悩む。悩んでる時はそれなりにジレンマなんかもあって、早くここを通過して求めるモノを手に入れたいと焦るわけだけど、本当はこの悩んでる時がいちばん気持ちが高揚して幸福なのかもしれない。

ひとは求めるモノを手に入れた瞬間は飛び跳ねるように嬉しいのだけど、やっぱり慣れみたいなのがあって、やがてその状況が当たり前になりあれだけワクワクしていた気持ちはどこか大人しくなる。欲しかったモノ、欲しかった地位、欲しかった時間。でも本当に持っていたいのは「次なる新しい悩み」なのかもしれないね。

そう考えると、常に悩んでその悩める幸福さを楽しみ続けるためには、常に新しい夢や希望を持ち続けることなんだよね。常にじぶんを容易くない状況に置いておく。少し難解ですぐには達成できない悩ましい状況に。悩みにぶち当たったらそれはラッキー。悩みがないなら悩める状況をつくるくらいにね。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です