写真とは、

フィルムでもデジタルでも、なんならiPhoneでも。

iPhone8 Camera, normal

フィルムを始めた頃はたしかにフィルム写真派だったけど、今じゃデジタルもふんだんに撮るし、フィルムとかデジタルの境界線はじぶんの中では完全になくなったかな。これはよく言うことだけど、今は奇跡的にフィルムとデジタルが共存してる時代だから、どうせなら両方楽しんだほうが得だと思ってる。

もう少し正確に言うと、フィルムにはフィルムの良さがあるし、デジタルにはデジタルの良さがある。そして、金銭的にとか携帯性の問題でスマホカメラでしか撮れないことだってあるだろうけど、スマホカメラであろうが何であろうが写真が上手い人はiPhoneカメラなんかでサラリとクールな写真を撮っちゃうから、そういう意味ではフィルムかデジタルかなんて議論はもう論外というか、極論で言えばどうでもいい話。要は使い手の使い心地の差だけだからね。

実際、カメラってコストかかるからね。若い人はいろんなことに興味があって、それを決して潤沢じゃないお金をやりくりして楽しむわけだから、カメラにそんな必要以上のコストを割くのはもったいない。だったらiPhoneでサラリとスナップするほうがスマートだし、たまに写ルンですでフィルムの粒状感を楽しむほうがクールだったりするわけだしね。僕はカメラは大好きだけど、写真はもっと自由であっていいんじゃないかという思いもある。たぶん10年後、いや数年後には今のカメラの原型とはまったく違う二次元のビジュアル記憶ツールができてる気もするしね。唯一変わらないのは、撮りたい気持ち。それだけでいいんじゃないかな、究極。

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です