digital PEN-F

カメラは「何を持っているか」より「いつも持っているか」が大事。

Olympus PEN-F, M.Zuiko digital 12/2

僕は写真以上にカメラが好きだし、機材に対するこだわりもそれなりにある。でも一方で、写真は人に見せることもあるけれど、カメラは道具で人に見せるものではないから、ただただじぶんが好きなものを持てばいいだけだという割り切りもある。

持ってるカメラが何であるかは究極どうでもよくて、もっと大事なのは「カメラをいつも持ち歩いておくこと」かなと。カメラを常に持ち歩いていても一枚も撮らない日はあるわけだけど、それでも撮りたい瞬間はある日ある時、突如として目の前に現れるわけで、その瞬間にカメラという道具を持っていることこそが何より重要なんだと。

当然、カメラを常に持ち歩くのは荷物にもなるし、いつも鞄の中に忍ばせておくのはジワリジワリと重さが肩にのしかかり、決してお気楽なわけではない。だからこそ、少しでも小さく、少しでも軽く、それでいてスマホでは撮れないクオリティのベストバランスなカメラを求めて機材に対する欲求は尽きない。けれど、それはカメラを集めたいんじゃなくて、いつもベストな状態でカメラを持ち歩きたいとのぞむ結果だから、常にスナップできる状態でいたい僕には、ちょっぴり夢を追いかけ続けてるようなワクワク感がある。

ちなみにきょうは撮れ高ゼロだったけど、カメラを持ち歩いていることで心はどこか満たされていたりする。撮らなくても満足できるカメラというのは、観賞用のカメラを言うんじゃなくて、このいつでも撮れる状態にあるカメラの価値を言うんじゃないかな。たしかに奥行きのあるスナップ写真を撮ろうと思えば、物理的にカメラやレンズが大振りになるところはある。けれど、その欲求と持ち出しやすいカメラがいいという欲求がぶつかりある感じがカメラ選びとして楽しいんだ。僕だけかなあ、いや、同じような思いでカメラを追いかけ続けてる人、けっこういると思うんだなあ。

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です