NikonとNIKKOR

オールドズイコーとNikon Z6で朝の光を撮る。まさしく瑞光である。

Nikon Z6, G.Zuiko Auto-S 50/1.4

先週末、手に入れたアダプターを介してこのボディとレンズの組合せを試してみたんだけど、あいにく曇り空だったんで、今朝、晴れた空を確認してから、再びこの組合せで散歩へ出かけてみた。

このレンズG.Zuiko Auto-S 50/1.4は、フィルム機のOLYMPUS OM-1以降一桁機の標準レンズとしておなじみだったもので、開放はとにかくふわっと、一方で絞ると別物のレンズかと言われるくらい二つの顔を持つレンズのように語られることが多い。そういう意味ではライカのズミルックスと同じ表現かもしれないね。

Nikon Z6, G.Zuiko Auto-S 50/1.4

少しネットで調べてみたら、とんでもなく詳細のG.Zuiko 50/1.4の解説記事を見つけたので、興味のある人はこちらを参考にしてみてほしい。いやあ、この記事の綿密さは凄いです。僕にはとても無理だ笑。

Nikon Z6, G.Zuiko Auto-S 50/1.4
Nikon Z6, G.Zuiko Auto-S 50/1.4
Nikon Z6, G.Zuiko Auto-S 50/1.4

で、いつもの試し撮りと同じく、ほぼ開放付近で散歩道の自然にファインダーを向けてみた。それにしても、朝の光は神々しい。その心がゆるりとなる感覚を切り取るのに、このオールドズイコーはいいかもしれない。好き嫌いが分かれる開放付近のゆるさかもしれないけど、僕はアリだ。

Nikon Z6, G.Zuiko Auto-S 50/1.4
Nikon Z6, G.Zuiko Auto-S 50/1.4
Nikon Z6, G.Zuiko Auto-S 50/1.4
Nikon Z6, G.Zuiko Auto-S 50/1.4
Nikon Z6, G.Zuiko Auto-S 50/1.4

綺麗に、正確に撮るならこのオールドレンズじゃなくてもいい。でも、そのゆらぎや浮遊感のようなものを楽しみ、レンズと遊びたいなら、このG.Zuikoは素晴らしくユニークな時間へと誘ってくれる。

Nikon Z6, G.Zuiko Auto-S 50/1.4
Nikon Z6, G.Zuiko Auto-S 50/1.4
Nikon Z6, G.Zuiko Auto-S 50/1.4
Nikon Z6, G.Zuiko Auto-S 50/1.4

僕のZ6の1stレンズは最新のNikkor Z 50/1.8Sだ。基本はあのレンズ一本でなんでも撮ってしまうくらいのテッパンのレンズだ。でも、たまにこうしてオールドレンズを装着して、現行レンズにはない曖昧さを楽しむのは、文字通り「遊ぶ」感覚があって僕は楽しい。

Nikon Z6, G.Zuiko Auto-S 50/1.4
Nikon Z6, G.Zuiko Auto-S 50/1.4
Nikon Z6, G.Zuiko Auto-S 50/1.4

そういえば近々、Nikonのミラーレス機のライトユーザー向けにZ50が登場するのではという噂もあるよう。オールドレンズとアダプターは安く手に入れることができるんで、これに手頃な価格のミラーレス機があれば、オールドレンズをフィルムからデジタルまでシームレスに楽しむことができる。瑞光=ズイコーはまさにその楽しみの筆頭のレンズのひとつ。とろけるような時間を楽しんでみてはどうだろう。

 

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です