RICOH 500 Deluxeの初の街撮り。トリガー巻き上げが気持ちよすぎて撮りすぎた。

RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100

先日手に入れたRICOH 500 Deluxe。前回は家の近所で日中、絞り目で試し撮りしたんで、こんどは絞り開放付近で街撮りしてみたく、持ち出してみた。

RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4

このカメラはご覧の通り、なかなかの男前っぷりで、艶めかしく光る金属ボディがいかにもタフなスナップシューターを思わせる。何より特徴的なのは、シャッターチャージがボディ底面のトリガー巻き上げ仕様であること。

RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100

まさに拳銃の引き金(トリガー)をひくような撮り方で、それは単に見た目だけの話ではなく、実際に街中で瞬時にシャッターを切るのにも向いている。それはじぶんで引き金をひいて街撮りしてみたことで、確信に変わった。

RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100
RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100
RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100

カメラボディ自体がセンサーを積むデジタルカメラと違って、フィルム撮影の場合は、写真の仕上がりはフィルムとレンズで決まるとよく言われる。それでいえば、このリケノンのレンズはなかなか味のある描写を見せてくれる。写真はほとんど早朝の絞り値f2.4開放だけど、ふわっとしつつも「余韻」といえる曖昧さは僕には心地いい。

RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100
RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100
RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100

45mmという焦点距離も一見中途半端に思えるが、実際撮ってみると50mm慣れしてる僕にはまったく違和感がなかったし、38mmのKonica C35 ヘキサノンや40mmのRollei35と比べても決して狭さは感じない。意外と絶妙なスナップ焦点距離だと思った。

RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100
RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100
RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100
RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100

まあでもそんな風にポジティブな印象に思えるのは、リズムよく撮影できたからだろう。その意味では、このカメラはトリガー巻き上げであることに尽きる。それが街撮りを軽快にし、スナップを実に気分良く楽しませてくれる。

RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100
RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100
RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100
RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100
RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100

こうして複数枚の写真を並べてみると、全体的に青系がかっていて、少し淡い感じかな。同じレンズシャッターのKonica C35なんかと感覚は似ているかもしれないと思った。あと、f2.4なのでそれほどボケはでない。でも、スナップシューターだと捉えたらそれもまったく気にならない。

RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100
RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100
RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100
RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100

夜も試し撮りしてみたけど、シャッターショックもないんで、普通に感度100のフィルムでも撮れてしまう。これなら昼夜こいつ一台と富士フイルム業務用100だけで街撮りスナップへ出かけることができる。カメラ自体の重さはそこそこずっしりくるけど、それもまた味。一度は経験してみたいと考えていたトリガー巻き上げ式のカメラ、RICOH 500 Deluxe。お店で見つけられさえすれば安く手に入るし、なかなかおすすめの一台だと思う。街中で引き金ひいてみたい人はぜひ、どうぞ。快感です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA