Nikon Dfに久しぶりにAi 28/2.8をつけて、マニュアル散歩。

Pocket

Nikon Df, Ai 28/2.8

今年もあと2日。なんかやり残したことはないかなと考えていた時、ふと修理から戻ってきたレンズAi 28/2.8を、その後ちゃんと試し撮りしてないなと思いつき、Nikon Dfに装着して古い町並みを撮ってきた。

Nikon Df, Ai 28/2.8

28mmといえば僕はGRでいつも使っている焦点距離なんだけど、久しぶりに一眼レフのファインダーの中で見る28mmはずいぶん広大に見えて、なかなかむずかしいなと感じたり。

Nikon Df, Ai 28/2.8

あと、フィルムで撮る時とは違って、デジタルに装着した時のオールドニッコールは想像以上に素直というか平凡というか、あれ?こんなに普通の絵だったっけ?このレンズ?と正直思ったかな。なので、作例といっても僕の写真はイケていないので、そこのところはご容赦を☺︎

Nikon Df, Ai 28/2.8

ミラーレスなんかにオールドレンズをつけて雰囲気ある写真を撮ってる人なんかを見かけたりするけど、僕の場合は全然下手くそで、デジタルボディではいまいちオールドレンズらしい描写は作り出せない。レタッチもしないから、オールドレンズで撮ったと言わなければ分からないレベルだったりする。

Nikon Df, Ai 28/2.8

まあ写真のほうはいまいちではあるんだけど、マニュアルのレンズで撮るのは本人としては楽しくて、まあ良しとしている。Nikon Dfならレンズだけじゃなくて、ボディの操作の方もフィルム時代のダイヤル操作が楽しめるから、撮ってる時間はたっぷりと癒し効果に浸れるのである。

Nikon Df, Ai 28/2.8

絞りはほぼf4でずっと撮ってた。ボケないこともないけど、そこは開放付近よりは締まって見える。ボケが少ない分、僕の腕前くらいではさして一眼レフらしい写りにはならず、iPhoneカメラで撮るのとそう変わらない感じがしないでもないけど笑。

Nikon Df, Ai 28/2.8

つまり写真とはやっぱりカメラやレンズの違いはさして問題ではなくて、やっぱり撮り手の視点であり腕前の問題なんだよね。その人の中ではカメラやレンズの違いはもちろんあって、カメラやレンズを替えると何か新しい気分が写欲を押し上げたりしてくれるわけだけど、他の人との兼ね合いでいえばカメラやレンズの差は大した問題じゃない。写真はそこじゃないといつも思う。

Nikon Df, Ai 28/2.8

Nikon FEと43-86の記事の時にも書いたんだけど、オールドレンズはやっぱりその当時のボディ、つまりフィルムカメラに装着したほうが味があるなあと思う。デジタルでマニュアル撮影を楽しむ分には全然アリなんだけど、出来上がる写真に関していえばそこはその時代ならではの「滲み出る何か」がある気がするから。というわけで、次回はフィルムニコンに装着してAi 28/2.8の試し撮り第二弾としよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA