Konica C35とFUJI業務用100が記憶する色が好きだ。

Pocket

僕の日常のスナップ用カメラはKonica C35というずいぶん昔のフィルムコンパクトカメラ。これにFUJIの業務用100という最も安いフィルムを詰めて撮っている。どちらもド大衆といっていい道具だけど、なかなかどうして、僕はこの二つの組み合わせがつくりだす写真の質感が好きだ。特に色が好き。この風合いはやっぱりデジタルには描けない。デジタルで緻密に撮ることが写真のリアリティではなくて、肉眼で見た少しあやふやな世界を切り取るフィルムの写真の有り様こそがリアリティじゃないかと最近思っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA