F2もいいけど、FEのよさも再確認した。たしかにシンプルニコンだ。

Pocket

写真の左側がFEで右側がF2。こうして見るとFEが横幅もコンパクトに見えるでしょ。手に持った重さも軽い。レンズが右側のオートニッコール50/f1.4より軽量なAi 50/f1.8というのも効いていて、とにかく手軽さが際立つ。絞り優先オートで撮れるからピント合わせ以外は操作感覚的にはコンデジやデジイチと同じように楽に撮れる。フィルムビギナーにはやっぱりこのNikon FEはおすすめだなと思った。僕の最初のフィルムカメラはこのFE。カメラのキタムラのショーケースで目があって直感的に購入した思い入れのある一台。レンズ付きだったからその佇まいがいいなと思ってあまり性能などは詳しく分からず買ったけど、直感を信じて正解だったと今でも思う。あまりに気に入って、もう一台ブラックボディのFEも手に入れて、そちらには35/F2.8を装着してる。どちらも快調で、軽いフィルム巻き上げレバーとカジュアルなシャッター音は使っていて実に軽快で心地いい。あと、F2と比べるとファインダー内に露出計があるだけでなく、露出をプラスマイナスで調整もできるから、特にオーバーめでふんわり撮りたい人なんかにもいいんじゃないだろうか(僕は適正露出でしか撮ったことはないけど)。こうして見ると、ブラックシップ機には濃密で堅牢なよさがあるけど、FEのようなミドル機にもそれとは異なるよさがやっぱりあって、カメラは単純に高価さやグレードのよさだけじゃないなとあらためて思う。だから、こうして種類がたくさん存在するし、使い方でいろいろじぶんらしく選べる楽しさがある。それでいてFEなんかはレンズ付きでも1万円くらいあれば程度のいいものが手に入るから、フィルムビギナーの人は購入候補のひとつとしてカメラ屋でさわってみてはどうだろう。かなり、おすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA