カメラ選びは直感で、スペックは後から調べるなあ。

Olympus OM-1N, Rolleiflex Standard

日頃から「あのカメラ欲しい」という心の準備みたいなものはあまりなくて、僕の場合は大抵、カメラ屋のショーケースで“そのカメラ”を目にして恋に落ちる。いや、もうほんと、落ちるんだ、感覚的には。

で、ようやく我に返り、iPhoneを取り出して軽くスペックを検索し始める。いや、この時点で検索するのはまだいいほうか。大体は、ショーケースから出してもらってまず触ることのほうが多いかな。でも、僕はショーケースから出してもらったらほぼ購入する。よほどファインダーの中がやれていたり、見えていなかった大きなアタリなんかを見つけない限り、購入してしまう。じぶんでも思うのは、やはりショーケースをガラス越しに見つめてる時点で恋に落ちてるから、ショーケースから出して触るというのは最終確認プロセスなんだよね。

Konica FS, Hexanon 52/1.8
Olympus OM-1N, Zuiko 50/1.4

でも幸いというか、直感で選んできて今までハズレはない。それは使ってみてなんか想像したものと違うというハズレもないし、故障していたというハズレもないんだ。ひとまず信用している何軒かのお店で購入していることも大きいとは思う。それでも、直感というのは大事だなあと最近つくづく思うのである。

Kodak Retina typ117, Xenar 50/3.5
Voigtlander Bessa-L, Snapshot-Skopar 25/4

直感って、よく言うけど勘というよりは日頃の何かの蓄積で降ってくるもので、じぶんの中で無意識に自動演算された答えみたいなところがあるんだよね。だから、例えたまたま見かけてカメラへ恋に落ちる感じにしても、日頃から考えてることを総合的に満たす結晶のようなモノに出会った、ということだと思うんだ。

Olympus PEN EE-2, Zuiko 28/3.5
RICOH 500 Deluxe, Rikenon 45/2.4

まあ直感で恋に落ちるたびにカメラを購入してたら破産するけど、幸い僕が最近恋に落ちるカメラは決して高価なモノではないから、少し何か他のモノへの投資を削っては、「そのカメラを確かめたい恋」を多数楽しんでいる笑。

そんなだから、スペックはほんと二の次。それでも直感はほんと侮れないから、ちょうどうまく隙間だったカメラが埋まってく感じなんだ。あと、故障したモノでなければ、基本、カメラはどこのメーカーのどんなモノでもある一定のクオリティは超えているというのが掴めてきたのもある。つまり、動くカメラなら世の中、ヨリドリミドリなのである。いろんなカメラを使ってきた身として思うことだから、そうハズレてはいないと思うけど、どうだろう。

RICOH 500 Deluxeの初の街撮り。トリガー巻き上げが気持ちよすぎて撮りすぎた。

RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100

先日手に入れたRICOH 500 Deluxe。前回は家の近所で日中、絞り目で試し撮りしたんで、こんどは絞り開放付近で街撮りしてみたく、持ち出してみた。

RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4

このカメラはご覧の通り、なかなかの男前っぷりで、艶めかしく光る金属ボディがいかにもタフなスナップシューターを思わせる。何より特徴的なのは、シャッターチャージがボディ底面のトリガー巻き上げ仕様であること。

RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100

まさに拳銃の引き金(トリガー)をひくような撮り方で、それは単に見た目だけの話ではなく、実際に街中で瞬時にシャッターを切るのにも向いている。それはじぶんで引き金をひいて街撮りしてみたことで、確信に変わった。

RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100
RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100
RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100

カメラボディ自体がセンサーを積むデジタルカメラと違って、フィルム撮影の場合は、写真の仕上がりはフィルムとレンズで決まるとよく言われる。それでいえば、このリケノンのレンズはなかなか味のある描写を見せてくれる。写真はほとんど早朝の絞り値f2.4開放だけど、ふわっとしつつも「余韻」といえる曖昧さは僕には心地いい。

RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100
RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100
RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100

45mmという焦点距離も一見中途半端に思えるが、実際撮ってみると50mm慣れしてる僕にはまったく違和感がなかったし、38mmのKonica C35 ヘキサノンや40mmのRollei35と比べても決して狭さは感じない。意外と絶妙なスナップ焦点距離だと思った。

RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100
RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100
RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100
RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100

まあでもそんな風にポジティブな印象に思えるのは、リズムよく撮影できたからだろう。その意味では、このカメラはトリガー巻き上げであることに尽きる。それが街撮りを軽快にし、スナップを実に気分良く楽しませてくれる。

RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100
RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100
RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100
RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100
RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100

こうして複数枚の写真を並べてみると、全体的に青系がかっていて、少し淡い感じかな。同じレンズシャッターのKonica C35なんかと感覚は似ているかもしれないと思った。あと、f2.4なのでそれほどボケはでない。でも、スナップシューターだと捉えたらそれもまったく気にならない。

RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100
RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100
RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100
RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100

夜も試し撮りしてみたけど、シャッターショックもないんで、普通に感度100のフィルムでも撮れてしまう。これなら昼夜こいつ一台と富士フイルム業務用100だけで街撮りスナップへ出かけることができる。カメラ自体の重さはそこそこずっしりくるけど、それもまた味。一度は経験してみたいと考えていたトリガー巻き上げ式のカメラ、RICOH 500 Deluxe。お店で見つけられさえすれば安く手に入るし、なかなかおすすめの一台だと思う。街中で引き金ひいてみたい人はぜひ、どうぞ。快感です。

手荒く扱えるカメラを何台か持っておくといいよね。

RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4

僕にとってはこのRICOH 500 Deluxeもそうかな。フードまで全身艶かしいスチールで覆われたボディはいかにもハードに使えそうだし、僕もこれならガシガシ街へ連れ出して使えそうと思って手に入れてるから、やれ必要以上に大事に取り扱わなきゃとかそういう気にはならない。

これがさすがにLeica M3やLeica M-P typ240あたりだと、いかにも精密機械といった佇まいであることもあって、ラフには使ってもガシガシと無造作に使うには多少気がひける。埃とか雨とか、そういう状況下からは最低限守ってやらないとカメラとして長持ちさせられない気がするのだ。実際はそんなヤワじゃないんだろうけど、なんとなく気分的にね。

僕は出張なんかも比較的多いから、旅行鞄の中なんかにカメラを入れて、鞄をコロコロと地面に転がして移動したりするんだけど、そういう時はガシガシ使えるカメラの出番だ。そうだなあ、僕の中でそういう出番のカメラとしては、このRICOH 500 DeluxeにKonica C35、Bessa-L、Retina typ117、Rollei35、PEN EE-2あたりがコンパクトさも含めてそうかな。デジタルだとRICOH GR、Leica X2、オールドレンズ機としてはFUJIFILM X-E2なんかがそうだ。

このあたりのカメラなら、鞄に入れずとも一日中、首から下げたり、ハンドストラップで手に持ったまま移動しても気にならない。つまり、少しぶつけてもいいし、あちこちに置いて底が擦れても別にかまわない。それよりも機動性重視と思えるカメラたちだ。価格的な価値ということでも特になく、そのカメラたちのパーソナリティによるところが大きいと思う。本当はね、ブラックペイントのLeica M-Pをもっと酷使して真鍮が見えるくらい使い古したいんだけど、余計な振動だけは与えないようにそこは少し気を使ってる。

RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4, Fujifilm 業務用100
RICOH 500 Deluxe, RIKENON 45/2.4

このRICOH 500 Deluxeは最近手に入れたばかりで、一度家の近所で試し撮りしてみたんだけど、想像以上にキレのある描写で手ごたえを得たんで、こんどはいよいよ街撮りスナップに連れ出したいなと。このワイルドな見た目のトリガー巻き上げも、やっぱり速写が似合う街中向きだ。僕は新しいカメラを手に入れた時は、内部の油を滑らかにする意味でけっこう集中して使ってみる。RICOH 500 Deluxeもフィルム数本を立て続けて使って、本当の意味での試し撮りを終え、本調子へ持っていきたい。それにしても、この金属の塊のカッコよさよ。カメラは見た目がとても大切だ。撮影者をソノ気にさせるという意味においてね。