「コンデジ」より「スナップシューター」って呼称のほうが良くね?


Leica X2, 固定レンズ Elmarit 24/2.8 ASPH

この写真のカメラはLeica X2だけど、X2のことじゃなくて「コンデジ」と呼ばれる小型カメラ全般についての話なんだけどね。たしかに「コンパクトデジタルカメラ=コンデジ」で合ってはいるんだけど、これサイズのことしか言ってなくて「何に適したカメラか」ということは言っていないんだよね。だから単純にコンデジって聞くと少しチープなカメラを連想するんだけど、現代のコンデジはチープなんかじゃまったく無くて、むしろ高性能なハイテクカメラ機能をギュッと小型に凝縮した、最もクールなカメラと言うことができるんじゃないかと。そのほうが性能の素晴らしさにフィットしてるなと、ふと思った。

つまり、コンデジじゃなくて、例えば「スナップシューター」と呼んでみるとかね。実際、僕が持っているコンデジと呼ばれるカメラはRICOH GRとLeica X2なんたけど、スナップシューティングという使い勝手や性能でいえば、世の中のあらゆるカメラを凌駕する魅力に満ちている。一昨日、マイクロフォーサーズのPEN-Fの軽量コンパクトな魅力をブログに書いたけど、スナップの持ち出しやすさにかぎっていえば、それをさらに凌駕するのがこの二台の「スナップシューター」なんだ。

とにかく小さい、そして軽い。ついでに言えばファインダーが無い分、突起も少なくて、鞄の中やポケットの中にもするりと収まる。ちなみに僕はきょう出張に出ているんだけど、相棒はこのLeica X2だ。僕の平日の友となった小型のPEN-Fも、さすがに出張先に持ち出すには少し大きいし、何より路上をガタガタと転がして移動するキャリーバッグの中に詰めるには精密機械すぎて気がひける。その点、Leica X2やRICOH GRならもっと無造作にバックの中に入れられるラフさとタフさがある気がする。

そして、GRもX2も当然オートフォーカスだから、街中でサッと構えてヒュンヒュン撮れる。ファインダーはないし、背面モニターも決して見やすいものではないけど、AFが効いている安心感でけっこう乱暴に撮っても後から見るときちんと撮れていたりする。それもそのはずでGRもC2も小型なんだけどセンサーはAPS-Cと贅沢だ。絞り開放付近で撮ればボケのあるスナップもしっかり撮れる。写りの感覚的には一眼レフを持ち歩いているレベルにあるわけだ。一眼レフのサブカメラとして高性能なコンデジと呼ばれるカメラを所有している人も多いと思う。でも、サブにしとくにはもったいない性能が、ことストリートにおいてはあるんだよね、このカメラたちはね。

僕は以前、デジイチなんかを一斉に手放してカメラをGR一台だけにして過ごした時期がある。物足りなくない?と言われそうだけど、これがまったくジレンマはなかった。とにかく身軽で、どこに行くにもGRが一緒で、僕の中にスナップのカタチみたいなものがあるとするなら、それはGRだけで撮りまくった時期に出来上がったものだとさえ思う。ノーファインダーな撮影、縦位置に構える撮り方、モノクロスナップの覚醒、広角スナップの画角感覚、どれをとってもGRがその魅力を気づかせてくれたし、M型ライカにハマりつつもこうしてコンデジのX2をさらに手に入れようと思ったのは、それがコンデジなんじゃなくて「スナップシューター」だったからだ。

世の中の進化がこれだけ「大きかったものが、ハイスペックかつコンパクトになる」という方向にあって、カメラについては何か大きなもののほうが本格的であったり高性能という風潮がまだどこかあるけど、昨今のフルサイズミラーレス時代の到来で、ようやく高性能=コンパクトという流れに向かいつつある気がする。ミラーレスといってもフルサイズならば一眼レフよりは小さいものの、まだまだスナップシューターとしては大きい。むしろ、もっと小さなミラーレス本来の魅力であるマイクロフォーサーズやスナップシューター(コンデジ)たちに日が当たっていると感じるのは僕だけだろうか。なんというか「時代がようやく追いついてきた」という感覚が、スナップシューター(僕にとってはマイクロフォーサーズやコンデジと呼ばれるカメラたち)にはぷんぷん感じるんだよね。そろそろ、センサーのサイズなんかでジャンル分けするのをやめて、使われ方性能でカメラたちを呼び始めたほうがいいんじゃないかな。


僕が選んだデジカメたちの話。


Olympus PEN-F

何を隠そう、実は僕はデジカメもけっこう所有している。いま手元にあるのは、RICOH GR、Nikon D300、Nikon Df、Leica M-P typ240、FUJIFILM X-E2、Leica X2、そして最近仲間入りしたOLYMPUS PEN-Fだ。こうして数えてみると7台もあったのかと少し驚いてるけど。

RICOH GR

もちろん所有台数でいえばフィルムカメラのほうが多い。それでもデジカメもけっこう数があるのは何もコレクションしているわけではなくて、実用するからある程度使い分けを想定して手に入れていて、しっかりフィルムカメラとデジカメを併用しているのである。

Nikon D300

ただ、傾向はあって、スナップ用カメラか、フィルムライクなカメラだということ。D300だけ少し異質かもしれないけど、単純に本格一眼レフ機で息子のスポーツ行事なんかを撮ることもあるから、それはそれで所有し続けている理由はあったりする。

Nikon Df

けれど、こうやって揃ったカメラたちを俯瞰で眺めてみると、まあメジャーなカメラは一台も持っていない。どこか本流からズレたカメラというか、一癖ある潔い方向性に振ったカメラが多い。あまり人が持っていないカメラ、ということになるんだろうか。やはりじぶんはひねくれてるなと思ったり。

Leica M-P typ240

それでもデジカメは僕のカメラ生活に無くてはならないモノへとしっかり定着した。ひと頃はカメラはGRだけだったんだけど、ある日フィルム一眼レフに出会って以来、「スナップ」と「フィルムライク」というじぶんの中の嗜好が見えてきて、そのモノサシにそったデジカメであれば積極的に使ってみようと思えるようになったのである。

FUJIFILM X-E2

ただ、そんなだから、デジカメの作法もちょっと普通とは違うかもしれない。ISO感度やホワイトバランスなんかは「オート」にはしておらず、一回一回持ち出すたびにフィルムカメラのように値をセットする。モニターもオフにしたり見なかったりでそこにデジカメの便利さはない。レンズもマニュアルフォーカスが多いから、そうだなあ、デジカメの恩恵としてはまさにフィルム代がかからないのと、現像に出さなくていいことということになる。

Leica X2

それでも高感度であることや、シャッタースピードが高速で切れることは物理的にもメリットで、それでスナップの幅が大きくひろがるということはある。実際にフィルム代や現像代がかからないから、日々の愛犬との散歩へ持ち出すのはもっぱらデジカメだし、アダプターを介してオールドレンズを楽しめるのもなかなか気に入っている。

OLYMPUS PEN-F

まあ、写真の雰囲気はフィルムのほうが豊かなんじゃないかとかいろいろ意見はあるだろうけど、いかなる時もシャッターが切れるというのはフィルムカメラやデジカメを問わない使い方のメリットだし、もしこれから先、仮にフィルムがこの世から無くなることがあっても、僕にはデジカメだってあるという安堵感はどこかある。理由をあえてあげればそんなことになるけど、単純に好きなんだよね、デジカメも。好きになったというのが正確かな。最初に書こうと思ったことと若干論点がズレてる気もしなくもないけど、まあつまりデジカメもいいよ、という話でした。


ライカは目測、僕はほぼそうなった。


Leica M-P typ240, Summilux 50/1.4 2nd

僕の腕前があがったから目測になった、というわけではない。そのほうが楽にスナップできるからである。僕はライカを4台持っている。バルナックIIIa、M3、コンデジX2、M型デジタルのM-P typ240。そのうち特にこのほぼ目測機に値するのが、IIIaとM-Pだ。

IIIaはそもそも二重像を合わせるファインダーが見づらいんで、よほど手前のモノにピントを正確に合わせたい時以外は距離用ファインダーはのぞかない。その隣にある画角用の50mmファインダーは見るけどチラ見程度で、あとは大抵無限遠かF値を絞って撮るから、まあ極端にピントをはずした写真にはならない。

M-Pのほうは、ファインダーは素晴らしく美しいんで見たくなるところだけど、こちらもピント合わせ自体は先に距離を固定しておいて、それが大体合ってるかどうかの確認用にファインダーをチラ見する程度だ。結局、スナップを撮るのはほんと一瞬の連続だから、いちいちファインダーを丁寧にのぞいてる時間がないのである。1m、1.5m、2m、3m、5m、7m、10m、そして無限遠、大体撮る時にどれかの距離に固定して歩き始めることが多い。もしくは、歩きながら被写体を見つけては構える前に目測で距離を合わせてしまう。撮る時はファインダーをチラ見してシャッターを押すだけ。これがとにかく楽なんだな、スナップの場合。最初からそういう思想で撮っているわけではなく、いつのまにかそんな風に撮るようになっていた。じぶんにとっていちばん楽な撮り方として落ち着いてきたのがその所作というわけだ。

じゃあ、その他のライカはどうかというと、X2はそもそもAF機なんでピント合わせはカメラ任せ。M3はなんで目測じゃないの?ということになるけど、これは単に僕がM3のファインダーをのぞきたいと思ってることが大きくて、あのおそらく世界一美しいであろうファインダーを撮るたびに眺めるのが単に好きなのである。なんかあまり説得力のない理由だけど、それが本当のところなのである。

まあでも、そんなM3も速写スナップシーンでは往々にして目測になることも少なくない。IIIaとM-Pでずいぶん目測慣れしたことも大きくて、あまり頭の中で深く考えなくても大体の距離は目測で刻めるようになった。あと、その他のカメラもRollei35やBessa-Lが目測専用機なんで、じぶんでも意識していなかったけどいつのまにか目測慣れしたんだろうね。

まあ、レンズを絞ればどこでもピントは合うから、そういう撮り方でもいいんだろうけど、僕の場合は割と絞り開放付近で撮るのが好きなんで、そうすると撮るたびに目測で細かに距離を刻み直す必要もあって、なんとなく1m単位で目測によって距離を刻んでいく撮り方になった。最近はそれが一眼レフにもひろがっていって、愛犬との散歩の時なんかは片手しか使えない事が多いんで、一眼レフでもピント固定で目測で撮っていることが多い。それもこれもきっかけはやはりライカなのである。まあ目測で撮るけど、目測が得意で正確なわけじゃないから、ピントは甘々の写真が少なくないけど、それもまた愛嬌というか許せる範囲になっている。ライカ使いの人たちがみんなそうなのかは分からないけど、まあこれも一人のライカユーザーの撮り方の一例ということで。さて、明日のカメラ〈Leica M3, Summicron 50/2 1st 〉を仕事鞄に入れて眠りにつくとしよう。


Leica X2はやっぱりEVF無しで速写バルナック的に使うことに。


Leica X2, Leica IIIa

僕がライカをこよなく愛するのは、コンパクトで持ち出しやすく、しかも目の前に現れた光景をサッと速写するのにとても向いているカメラだから。造りの良さとかブランドらしさとかも無くはないけど、いちばんは究極のスナップシューターだから。そう考えると、後付けで装着していた外付けEVFはやっぱり外して使おうかなと考えるようになった。

外付けEVF装着時のX2のシルエット

外付けEVFを外すと1枚目の写真のように、ほぼバルナックサイズ。いや、横サイズでいえばバルナックより小さくなる。僕がもともとX2に惚れ込んだのもこのバルナックサイズであったこと。僕はバルナックもこのサイズが気に入っていて外付けファインダーはつけていないし、そもそもファインダーだってあまり見ない。速写する際はファインダーは画角確認するのにチラ見する程度。だったら、X2も背面モニターをチラ見する程度で十分かなと。

Leica X2

購入してから、じふんなりに外付けEVFの有無でいろいろスナップして確かめてたんだけど、僕にはどうやら外付けEVFは不要かなと。まったく要らないわけじゃなくて、常用としては速写コンパクト機としては不要で、どうしても正確に撮りたい時はEVFを付ける、そんな運用でいいんじゃないかと思ってる。外付けEVFはデジタルのtyp240機にも使えるから、機材としては保有し続けておこうかなと。

Leica X2, Elmarit 24/2.8 ASPH
Leica X2, Elmarit 24/2.8 ASPH
Leica X2, Elmarit 24/2.8 ASPH

あと、X2の写りのほうだけど、これは換算約35mmのスナップ機としては実に軽快で気持ちいい。特にモノクロがいい。ライカというブランドはほんとにフィルムライカらしさのこだわりはデジタルの今でも徹底してる。僕はフィルムライカも使うけど、フィルムライカとデジタルライカの間にそれほど違和感は感じない。そういうフィルムライカファンの気持ちや好みを、デジタルライカはJPEGセッティングでちゃんとカバーしている。僕はJPEGでしか撮らないから、僕のようなJPEG派の人にもデジタルライカはおすすめだ。

Leica X2, Elmarit 24/2.8 ASPH
Leica X2, Elmarit 24/2.8 ASPH
Leica X2, Elmarit 24/2.8 ASPH

さてEVFをつけずに使うとなると、同じく背面モニターで撮るスナップシューターという意味ではRICOH GRも所有しているわけだけど、広角系のコンデジとしては似通った二台ではあるけど、やはり写りの質感は違うなと思っていて。ソリッドなGRの描写に対して、X2のElmaritが記憶する描写はどこかマイルドさが混じる。そこがフィルムライカから受け継いだ強さと優しさの同居なのかなと思っていて、当面はこの二台を共にスナップシューターとして使い分けていこうと考えている。カメラはスペックだけ見れば同じようなモノはいくつもあるけど、写りはすべて違う。写りとは撮影フィーリングもその一部、僕はそんな風に考えている。


こうしてみるとよく似ている。夏用カメラ、Leica X2とBessa-L。


Leica X2, Bessa-L Snapshot-Skopar 25/4

ふと、直近で手に入れた2台のカメラを眺めていると、なんだかよく似てるなと。デジタルのLeica X2とフィルムのBessa-L、共通するのはその軽量コンパクトなボディと広角レンズ、そして頭の上にちょこんとのっかった外付けビューファインダーだ。

購入する時に特にこの共通項を意識していたわけじゃないんだけど、こうして手にしてみて思うのは、「僕は夏用カメラが欲しかったんだろうな」ということ。デジタルでいえばNikon DfやLeica M-Pほど重さを感じない、いかにも炎天下の下でもカメラを連れ出そうと思える軽快感。フィルムでも同じように暑い日でもガシガシタフに外へ連れ出して撮れるスナップ用カメラが欲しかったんだろうね。

こう連日猛暑が続き続くと、さすがにデリケートな設計の高機能カメラたちを連れ出すのはどこか億劫になるし、何より重く大きなカメラを首からぶら下げて灼熱地獄の街を撮り歩こうとはなかなか思えない。それでも軽やかなカメラがあれば、多少写真欲も増すんじゃないかな、という僕の潜在意識とさみたいなもの。それがこの季節にこの2台を手に取らせた要因なんだろうと思う。

Leica X2のほうは固定レンズは24mmだけど35mm換算では37mm程度になり、Bessa-Lのほうは25mm、まあどちらも僕にとっては感覚的には広角だ。このうだる暑さの中であまり考え込まずに、広角でサッと辺りの様子を切り取り、ピントも目測で大雑把にヒャンヒュン撮れる。そういう意味では、夏のラフなスナップカメラコンビ、ということになる。とはいえ、この暑さのなかではさすがの夏カメラコンビも日中に連れ出す機会は少なくなる。今はカメラに関しては、早く秋よ来い、そんな気分かな。今日も溶けそうな暑さ、カメラ関連本でも読んで静かに過ごそうかな。


Leica X2用の外付けEVFに、OLYMPUS VF-2を選んでみた。


Leica X2, 外付けEVF Olympus VF-2

Leica X2用の外付けEVFとして注文していたOlympus VF-2が、驚く速さでAnazonから届いた。土曜日の午前中に注文して休み明けの月曜日に届くのは凄いとしか言いようがない。ほんと便利な世の中になったもんだ。

ひとまず箱から出して装着してみた。デジタルライカ使いのひとにはおなじみかもしれないけど、ライカの製品にEVF2という外付けEVFが存在するんだけど、このオリンパス製(正確にはEPSON製かな)のEVFは中身は同じ製品といわれていて、実際にLeica X2やtyp240に使用することができる。購入したカメラ屋さんで聞いていたのと、Twitter上でも同じことをお聞きし、今回チョイスしてみた。

Leica X2, 外付けEVF Olympus VF-2

細かいスペックなどは他の詳細サイトなどをのぞいてもらうとして、僕はひとまず外付けEVFを装着しようと思った理由なんかを少し書いておきたいと思う。

Leica X2はバルナックライカよりさらに横幅が小さく、実に軽量でコンパクト。基本は背面の液晶モニターをファインダー代わりに撮影する、いわゆるRICOH GRなんかと同じ感覚のコンデジだ。ただし、ライカ社は前機種のX1からX2に進化する過程で、このEVFが装着できる仕様にバージョンアップされ、同時にライカ製EVFを登場させてきた。つまり、X2の開発者たちの「X2はできればEVFをつけて楽しんでね」というメッセージが見て取れる。

僕は、購入してしばらくは背面モニターで楽しんで、行く行くは光学ファインダーを装着しようと考えていたんだけど、ネットでいろいろX2のことを調べているうちに、この「外付けEVFと同時発売」を試みたLeica X2の楽しみ方みたいなものに触れ、最後はライカ公式のYouTube動画でEVFが実に自然体で使用されているのを見て、購入を決めた。

ただし、ライカ製のEVF2という製品は驚くほど高価。6万円ほどするなかなかの価格で、EVF単体にそこまでコストをかけるのはちょっとというのが正直なところ。そこで、このオリンパス製のVF-2の選択ということになる。いわゆるOEM製品で中身は基本的に同じながら、約1/3の価格で新品が手に入る。しかも、何がいいって地味なのがいい。ライカ製のものは前面に白抜きの「LEICA」のロゴがかなりの大きさで鎮座する。それと比べるとオリンパス製はロゴの大きさも色もとにかく控えめだ。価格も見た目でも僕のチョイスは迷わずオリンパス製だった。

とはいえ、X2のボディ前面にはライカロゴの赤バッジが鎮座してるんで、所有している全身真っ黒なLeica M-P typ240に比べると街中では少々目立ってしまう気がするんだけど、どうだろう。僕が気にしすぎだろうか。でも、この赤バッジをふさぐCloak for Leicaの購入もいま検討しているところ。スナップする分には、目立たないことは最上の性能だと思ってるから。

で、その外付けEVFの感触だけど、想像したより凄くいい。装着例を写真で見た時はちょっと端正なボディデザインを損なう形状かなと思ったりもしたんだけど、これが実物は実に軽くコンパクト。プロダクトデザインとしても悪くない、というかかなりいい。やっぱりプロダクトは実物を見て触れるべきだなあということを再認識した。ちょっとファインダーをのぞいてみたけど、これがまたなかなかクリアで良さげな印象。というわけで、装置した感触だけでいえばすごく撮る気をソソる外付けEVF。まずはしばらく、じっくり使い倒してみるとしよう。


新しいことにチャレンジするのは気持ちいい。それはカメラやレンズも同じなんだろうね。


Leica M-P typ240, Industar-61 55/2.8

昨夜、Twitterに「コレクションするつもりはないのにカメラやレンズが増えていくのはなぜだろう」みたいなポストをしたら、カメラ好きの人たちが「気になったら欲しい!買いたい!と思う」とか「知りたい集めたい確かめたいってなるのは、男の子ならしょうがない!」といったニュアンスのTweetを返してくれて、みんな同じなんだと妙に安心したり笑、勇気みたいなものをもらったり。おもしろいよね、男は。

僕もほんとじぶんのことを呆れるくらいで、Leica M-P typ240を購入した時にはさすがにもうカメラやレンズは増やさない、いやカメラはもうライカ3台だけに絞り込もう、とか考えたんだけど、その後むしろカメラやレンズは増えていき、今はひとに台数を言うのもちょっと恥ずかしいくらいになってきた。

そのカメラやレンズが増えていく原因みたいなものはじぶんでもはっきりしないんだけど、あえて言葉にするなら「確かめたい」ということなんだと思う。まだじぶんが未体験なものを確かめたい気持ち。カメラなら一眼レフ、レンジファインダー、ミラーレス、二眼レフ、コンパクト…カメラを使えば使うほど未体験の世界をのぞいてみたい気持ち。レンズも、ボディとマウントアダプターのまだ見ぬ新しい組み合わせを試してみたいという気持ち。僕の場合は、カメラにハマっていったというより、この「確かめたい旅」みたいなものに出かけてしまったんじゃないかと思っている。

一眼レフから始まった旅は、僕の中で寄り道しながらもなんとなく必然であり運命のようなものも感じながらぐるぐると巡り、いまLeica X2を手に入れるに至った。RICOH GRもあるし、FUJIFILM X-E2もあるし、なんだったらM型デジタルもあるのに、なぜX2がいるのか。カメラに興味がない人からすれば同じようなデジカメがなぜ複数台いるのかっていう話だろうけど、確かめたかったんだな、X-E2のある夏カメラ生活みたいなものを。そして、またX2らしさを確かめたくてEVFを注文した。光学ファインダーとも背面モニターとも違う、EVFをのそいて撮る世界への確かめたい気持ち。いやあ、この旅は長いし、果てしない。どこへ行くのかも分からないけど、新しいチャレンジが今日とか明日のエネルギーになっているのは間違いない。ワクワクとかドキドキする気持ちを忘れないためのエネルギー。カメラやレンズとは特にその要素が強いように思う、男子諸君には特にね。


綿密さに驚ろかされたレンズ、エルマリート。


Leica X2, Elmarit 24/2.8 ASPH.

なんと表現すればいいんだろう、このレンズの描写。そのレンズとは、ライカのエルマリート。コンデジ Leica X2に固定で装着されたElmarit 24/2.8 ASPH.だ。

正直、このカメラを手に入れたいちばんの理由は、そのフォルムがバルナックライカを彷彿させたのと、そのコンパクトで軽量なボディ。レンズについては二の次で、期待していなかったわけじゃないけど、まあそこそこ写れば十分なんじゃないかと思っていた。ところがこの描写なのである。

Leica X2, Elmarit 24/2.8 ASPH.

感覚的にはまさにM型ライカのLeica M-P typ240に和製エルマリートといわれるM-Rokkorを装着した絵に近い気がする。広角24mm(換算で36mm)だからそれほどボケないけど、その分というかとにかく綿密な描写をみせる。M-Rokkorが登場した頃は、本家エルマリートを凌ぐ写りの良さといわれたらしいが、最新のエルマリートはその評判を覆すクオリティということなのか。

Leica X2, Elmarit 24/2.8 ASPH.

あいにく台風のような雨続きで、まだまだたくさんは撮りきれていないX2でのスナップだけど、わずかな試し撮りの数枚を見てみても、未熟な僕の目ですらこのレンズがちょっと只者ではないことが分かる。

Leica X2, Elmarit 24/2.8 ASPH.

そういえば、このLeica X2を購入する時に、お店の人と話していたら、「ライカのレンズを手に入れることを考えたら、ボディ付きでこの金額はお得」と言っていたのを思い出す。たしかにエルマリートを単独で手に入れようとするだけでもかなりの金額になることを考えたら、このX2は破格なのかもしれない。

Leica X2, Elmarit 24/2.8 ASPH.

ただひとつ言えるのは、このレンズは簡単でもないということ。それはAPS-Cのセンサーとの兼ね合いもあるけど、気を抜いて撮っても雰囲気ある写真が撮れるレンズではない。気をぬくとどうかしたらスマホで撮ったような、記録画像のようなありふれた写真にもなる。そういう意味では、僕がLeica M-P typ240にオールドレンズ のSummiluxやElmarをつけて撮る時より、むしろ本気さを要求するカメラ&レンズかもしれない。フルサイズの余裕のある感覚とは異なるけど、ここにもまたライカらしい手を抜かない質みたいなものを感じた。この大雨が去ったら、もっともっと夏の街を撮りに行こう。綿密なクールさを堪能するために。