Leica X2用の外付けEVFに、OLYMPUS VF-2を選んでみた。

Leica X2, 外付けEVF Olympus VF-2

Leica X2用の外付けEVFとして注文していたOlympus VF-2が、驚く速さでAnazonから届いた。土曜日の午前中に注文して休み明けの月曜日に届くのは凄いとしか言いようがない。ほんと便利な世の中になったもんだ。

ひとまず箱から出して装着してみた。デジタルライカ使いのひとにはおなじみかもしれないけど、ライカの製品にEVF2という外付けEVFが存在するんだけど、このオリンパス製(正確にはEPSON製かな)のEVFは中身は同じ製品といわれていて、実際にLeica X2やtyp240に使用することができる。購入したカメラ屋さんで聞いていたのと、Twitter上でも同じことをお聞きし、今回チョイスしてみた。

Leica X2, 外付けEVF Olympus VF-2

細かいスペックなどは他の詳細サイトなどをのぞいてもらうとして、僕はひとまず外付けEVFを装着しようと思った理由なんかを少し書いておきたいと思う。

Leica X2はバルナックライカよりさらに横幅が小さく、実に軽量でコンパクト。基本は背面の液晶モニターをファインダー代わりに撮影する、いわゆるRICOH GRなんかと同じ感覚のコンデジだ。ただし、ライカ社は前機種のX1からX2に進化する過程で、このEVFが装着できる仕様にバージョンアップされ、同時にライカ製EVFを登場させてきた。つまり、X2の開発者たちの「X2はできればEVFをつけて楽しんでね」というメッセージが見て取れる。

僕は、購入してしばらくは背面モニターで楽しんで、行く行くは光学ファインダーを装着しようと考えていたんだけど、ネットでいろいろX2のことを調べているうちに、この「外付けEVFと同時発売」を試みたLeica X2の楽しみ方みたいなものに触れ、最後はライカ公式のYouTube動画でEVFが実に自然体で使用されているのを見て、購入を決めた。

ただし、ライカ製のEVF2という製品は驚くほど高価。6万円ほどするなかなかの価格で、EVF単体にそこまでコストをかけるのはちょっとというのが正直なところ。そこで、このオリンパス製のVF-2の選択ということになる。いわゆるOEM製品で中身は基本的に同じながら、約1/3の価格で新品が手に入る。しかも、何がいいって地味なのがいい。ライカ製のものは前面に白抜きの「LEICA」のロゴがかなりの大きさで鎮座する。それと比べるとオリンパス製はロゴの大きさも色もとにかく控えめだ。価格も見た目でも僕のチョイスは迷わずオリンパス製だった。

とはいえ、X2のボディ前面にはライカロゴの赤バッジが鎮座してるんで、所有している全身真っ黒なLeica M-P typ240に比べると街中では少々目立ってしまう気がするんだけど、どうだろう。僕が気にしすぎだろうか。でも、この赤バッジをふさぐCloak for Leicaの購入もいま検討しているところ。スナップする分には、目立たないことは最上の性能だと思ってるから。

で、その外付けEVFの感触だけど、想像したより凄くいい。装着例を写真で見た時はちょっと端正なボディデザインを損なう形状かなと思ったりもしたんだけど、これが実物は実に軽くコンパクト。プロダクトデザインとしても悪くない、というかかなりいい。やっぱりプロダクトは実物を見て触れるべきだなあということを再認識した。ちょっとファインダーをのぞいてみたけど、これがまたなかなかクリアで良さげな印象。というわけで、装置した感触だけでいえばすごく撮る気をソソる外付けEVF。まずはしばらく、じっくり使い倒してみるとしよう。

新しいことにチャレンジするのは気持ちいい。それはカメラやレンズも同じなんだろうね。

Leica M-P typ240, Industar-61 55/2.8

昨夜、Twitterに「コレクションするつもりはないのにカメラやレンズが増えていくのはなぜだろう」みたいなポストをしたら、カメラ好きの人たちが「気になったら欲しい!買いたい!と思う」とか「知りたい集めたい確かめたいってなるのは、男の子ならしょうがない!」といったニュアンスのTweetを返してくれて、みんな同じなんだと妙に安心したり笑、勇気みたいなものをもらったり。おもしろいよね、男は。

僕もほんとじぶんのことを呆れるくらいで、Leica M-P typ240を購入した時にはさすがにもうカメラやレンズは増やさない、いやカメラはもうライカ3台だけに絞り込もう、とか考えたんだけど、その後むしろカメラやレンズは増えていき、今はひとに台数を言うのもちょっと恥ずかしいくらいになってきた。

そのカメラやレンズが増えていく原因みたいなものはじぶんでもはっきりしないんだけど、あえて言葉にするなら「確かめたい」ということなんだと思う。まだじぶんが未体験なものを確かめたい気持ち。カメラなら一眼レフ、レンジファインダー、ミラーレス、二眼レフ、コンパクト…カメラを使えば使うほど未体験の世界をのぞいてみたい気持ち。レンズも、ボディとマウントアダプターのまだ見ぬ新しい組み合わせを試してみたいという気持ち。僕の場合は、カメラにハマっていったというより、この「確かめたい旅」みたいなものに出かけてしまったんじゃないかと思っている。

一眼レフから始まった旅は、僕の中で寄り道しながらもなんとなく必然であり運命のようなものも感じながらぐるぐると巡り、いまLeica X2を手に入れるに至った。RICOH GRもあるし、FUJIFILM X-E2もあるし、なんだったらM型デジタルもあるのに、なぜX2がいるのか。カメラに興味がない人からすれば同じようなデジカメがなぜ複数台いるのかっていう話だろうけど、確かめたかったんだな、X-E2のある夏カメラ生活みたいなものを。そして、またX2らしさを確かめたくてEVFを注文した。光学ファインダーとも背面モニターとも違う、EVFをのそいて撮る世界への確かめたい気持ち。いやあ、この旅は長いし、果てしない。どこへ行くのかも分からないけど、新しいチャレンジが今日とか明日のエネルギーになっているのは間違いない。ワクワクとかドキドキする気持ちを忘れないためのエネルギー。カメラやレンズとは特にその要素が強いように思う、男子諸君には特にね。

綿密さに驚ろかされたレンズ、エルマリート。

Leica X2, Elmarit 24/2.8 ASPH.

なんと表現すればいいんだろう、このレンズの描写。そのレンズとは、ライカのエルマリート。コンデジ Leica X2に固定で装着されたElmarit 24/2.8 ASPH.だ。

正直、このカメラを手に入れたいちばんの理由は、そのフォルムがバルナックライカを彷彿させたのと、そのコンパクトで軽量なボディ。レンズについては二の次で、期待していなかったわけじゃないけど、まあそこそこ写れば十分なんじゃないかと思っていた。ところがこの描写なのである。

Leica X2, Elmarit 24/2.8 ASPH.

感覚的にはまさにM型ライカのLeica M-P typ240に和製エルマリートといわれるM-Rokkorを装着した絵に近い気がする。広角24mm(換算で36mm)だからそれほどボケないけど、その分というかとにかく綿密な描写をみせる。M-Rokkorが登場した頃は、本家エルマリートを凌ぐ写りの良さといわれたらしいが、最新のエルマリートはその評判を覆すクオリティということなのか。

Leica X2, Elmarit 24/2.8 ASPH.

あいにく台風のような雨続きで、まだまだたくさんは撮りきれていないX2でのスナップだけど、わずかな試し撮りの数枚を見てみても、未熟な僕の目ですらこのレンズがちょっと只者ではないことが分かる。

Leica X2, Elmarit 24/2.8 ASPH.

そういえば、このLeica X2を購入する時に、お店の人と話していたら、「ライカのレンズを手に入れることを考えたら、ボディ付きでこの金額はお得」と言っていたのを思い出す。たしかにエルマリートを単独で手に入れようとするだけでもかなりの金額になることを考えたら、このX2は破格なのかもしれない。

Leica X2, Elmarit 24/2.8 ASPH.

ただひとつ言えるのは、このレンズは簡単でもないということ。それはAPS-Cのセンサーとの兼ね合いもあるけど、気を抜いて撮っても雰囲気ある写真が撮れるレンズではない。気をぬくとどうかしたらスマホで撮ったような、記録画像のようなありふれた写真にもなる。そういう意味では、僕がLeica M-P typ240にオールドレンズ のSummiluxやElmarをつけて撮る時より、むしろ本気さを要求するカメラ&レンズかもしれない。フルサイズの余裕のある感覚とは異なるけど、ここにもまたライカらしい手を抜かない質みたいなものを感じた。この大雨が去ったら、もっともっと夏の街を撮りに行こう。綿密なクールさを堪能するために。