ズミクロンか、ズミルックスか。僕は後者好きだと思う。

Leica M-P typ240, Summilux 50/1.4 2nd

これは、どっちがどうとかそういう問題ではなくて、どちらを好む人間かということなんだけどね。たまたま読んだライカ特集の本「カメラホリック」の中で「ズミクロンか、ズミルックスか。」というテーマがあったから、ふとそんなことを考えた。

Leica M-P typ240, Summilux 50/1.4 2nd
Leica M-P typ240, Summilux 50/1.4 2nd

写真はすべて、いま愛犬と夕方の散歩で撮ってきたもの。絞りはいつもの開放、ピントは目測。まあ粗い撮り方だけど、ズミルックスはそういう粗さを許容してくれるパワーがある気がする。ボケの好きな僕にはファーストチョイスのレンズになる。

Leica M-P typ240, Summilux 50/1.4 2nd
Leica M-P typ240, Summilux 50/1.4 2nd

まあだからといってズミクロンもエルマーも好きで、その時々の気分でレンズ交換して楽しんでいるわけだけど、僕はどの描写を好む人か?と言われたら、あえていうならズミルックスの人という自覚があるということ。

Leica M-P typ240, Summilux 50/1.4 2nd
Leica M-P typ240, Summilux 50/1.4 2nd

そういえば、M-Pのブラックペイントがわずかにはがれ始めて喜んでいることを少し前に書いたけど、その後その部分がほんの少しずつだけどひろがりを見せている気がしていっそううれしい。真鍮色のまだ点のような剥がれだけど。M10-DだのM10モノクロームだの気にならないことはないけど笑、このM-P typ240は使い倒すと決めてるから、とこまで真鍮をむき出しにできるか、楽しみなんだよね。(あ、ズミクロンの比較写真がなくてゴメンナサイ。よかったブログ内検索してみてください。)

朝陽とライカとズミクロンと。

Leica M-P typ240, Summicron 50/2 1st

12月最初の日曜日、愛犬の鳴き声に少し気だるい体をなんとか起こして、カメラとともに散歩へ出る。今朝選んだカメラは、Leica M-P typ240とSummicron 50/2 1stだ。

Leica M-P typ240, Summicron 50/2 1st
Leica M-P typ240, Summicron 50/2 1st

ズミクロン1stの艶かしいシルバーの輝きは、あいかわらず僕の撮る気をそそってくれる。街中のスナップでは目立ちにくいブラック塗装のズミルックスがいいが、週末の散歩カメラならシルバー色も気にしなくてよく、むしろブラックボディとシルバーレンズの組み合わせの妙を楽しんでいる。

Leica M-P typ240, Summicron 50/2 1st
Leica M-P typ240, Summicron 50/2 1st
Leica M-P typ240, Summicron 50/2 1st
Leica M-P typ240, Summicron 50/2 1st

そして、色といえば何と言っても朝の太陽光線が照らす大地の色がいい。大地の新しい酸素は朝の光合成から生まれるというけれど、色も朝に作られるんじゃないかというくらいいかにも新鮮な色を楽しませてくれる。

Leica M-P typ240, Summicron 50/2 1st
Leica M-P typ240, Summicron 50/2 1st
Leica M-P typ240, Summicron 50/2 1st
Leica M-P typ240, Summicron 50/2 1st

僕はあれ、早起きしたことの大地からのご褒美だと思っている。ご褒美なんて大げさなと言われるかもしれないけど、休みの日の朝に太陽がまだ高くない時間に布団を抜け出して外へ出るというのは、怠惰な僕にしてみればなかなか頑張っていること笑。その怠け者へのご褒美。

Leica M-P typ240, Summicron 50/2 1st
Leica M-P typ240, Summicron 50/2 1st
Leica M-P typ240, Summicron 50/2 1st

にんげんは常に心地よすぎる状態より、少しキツかったり居心地が悪い状態くらいに身を置いていたほうがいい。僅かずつの努力みたいな積み重ねが、マンネリしがちなじぶんに少しだけ新鮮になる成長のようなものを感じさせてくれる。そういえば、昨日からモノクロでは一枚も撮っていないな。まあ、カラーで撮りたい、そんな美しい晩秋の週末だからいっか。

ほぼ写真だけ。あたたかい冬の入り口の散歩カメラ。

Leica M-P typ240, Summilux 50/1.4 2nd

それにしても暖かい一日。12月1日なのに秋の運動会シーズンのように少し汗ばむ。どこか紅葉も遅い気がする。まあカメラ愛好家としては冬枯れの光景より、芳醇な秋色が長く楽しめるからいいのかもしれないけど。

Leica M-P typ240, Summilux 50/1.4 2nd

僕はといえばあいかわらず平日5日間の忙しさに翻弄された頭と体をなんとか休めようと、この週末も愛犬とカメラと実にのんびりした時間を過ごしている。朝はLeica M-P typ240を持ち出し、夕方はNikon Df。最近は、平日のDigital PEN-Fと合わせて、デジタルのこの組み合わせが気に入っている。

Leica M-P typ240, Summilux 50/1.4 2nd
Leica M-P typ240, Summilux 50/1.4 2nd
Leica M-P typ240, Summilux 50/1.4 2nd
Leica M-P typ240, Summilux 50/1.4 2nd

Leica M-Pの方のレンズはSummilux 50/1.4 2nd。朝の光でほぼ開放で撮っている。これはもうほんとデジタル機の恩恵でシャッタースピードが1/4000で切れるからこそ。第2世代といわれるオールドレンズのズミルックスは、少し粗めのボケを描き、僕の目を喜ばせてくれる。

Nikon Df, AF-S 50/1.8G
Nikon Df, AF-S 50/1.8G

Nikon DfのほうのレンズはAF-S Nikkor 50/1.8G。さすがに現行型レンズだけあって、クリアで透明感のある描写をする。こちらもf1.8のほぼ開放ばかりだけど、少しボケすぎの感はあるけど、愛犬との散歩で片手はふさがっているので、かまわず絞り固定でどんどん撮っていく。

Nikon Df, AF-S 50/1.8G
Nikon Df, AF-S 50/1.8G
Nikon Df, AF-S 50/1.8G
Nikon Df, AF-S 50/1.8G

ニコンといえば、販売開始となったZ6とZ7というフルサイズミラーレス機の話題が賑やかだけど、一眼レフのこのNikon Dfもまだまだ現役で元気がいい。ふだん平日にマイクロフォーサーズのミラーレス機で撮ってるから、週末はむしろ変わり感的にもDfの手ごたえが気持ちいい。

Nikon Df, AF-S 50/1.8G
Nikon Df, AF-S 50/1.8G
Nikon Df, AF-S 50/1.8G
Nikon Df, AF-S 50/1.8G

ぐちゃぐちゃになっていた脳が落ち着いて整理整頓されていくようで、写真を撮るということは実に頭と心に良い。デジタルだと現像いらずで数も撮れることがあって、心持ちもさらに気軽なところがいい。最近は、デジタルとフィルムの使いこなしも自然体になってきて、いろいろ無理なく写真を楽しめてるところもある。考えてみると今年もあと31日でおしまい。来年2019年はどんな年になるのだろうか。カメラと一緒であることは変わらないけど、その過ごし方が微妙にどんな変化をするのか、じぶんでも楽しみなんだよね。にんげんはいい意味で明日のことすらわからないからね。