Leica IIIa × Lomography100は両想いかもしれない。

Leica IIIa, Elmar 50/3.5, Lomography100

先週手に入れたLeica IIIaに初めてLomography100を入れて、街へ出てみた。これまで僕の街撮りスナップはほぼフィルムコンパクトのKonica C35で撮ってきたんだけど、Leica IIIaを手に入れてみたら想像以上にコンパクトで、この一週間ですっかり平日スナップの相棒になった。

Leica IIIa, Elmar 50/3.5, Lomography100

フィルムのほうも、これまではほぼFuji業務用100で撮り続けてきたんだけど、こちらもLomography100にチェンジ。業務用100の写りと比べてどう違うのか、現像からあがってくるのが楽しみでならなかった。そうして今夜あがってきた写真をMacBookで見た時、「あ、いいじゃん」と。

Leica IIIa, Elmar 50/3.5, Lomography100

乾いたフィルムらしさが味の業務用100と比べると、Lomography100は少し湿り気が混ざり、色味も心なしかレトロにふった空気感がある。粒状感も細かで写真の滑らかさも十分ある。僕がこれまでLomographyに思い描いていたトイカメラ的イメージはいい意味でそれほどない。

Leica IIIa, Elmar 50/3.5, Lomography100

少し辺りが暗くなってからも撮り続けたんだけど、感度100でも、絞りを開放してSS1/30で息を止めて撮れば、けっこういい感じで撮ることもできた。これまで僕は夕刻以降はフィルム撮影はあきらめていたんだけど、なかなかどうしてレンジファインダーとLomography100なら十分夜の街にも繰り出せると思えたことが何より嬉しかった。

Leica IIIa, Elmar 50/3.5, Lomography100

思わず外に連れ出したくなる軽快なコンパクトフィルムカメラLeica IIIaと、その行動時間や行動範囲を広げてくれるLomography100の組み合わせは、僕の想像を大きく超えて、なかなかの好みの世界を写し出してくれた。そして、フィルムでスナップを撮ることの楽しさを格段に高めてくれた。

Leica IIIa, Elmar 50/3.5, Lomography100

もっと早く出会いたかったと思わせる、このカメラとフィルムの組み合わせ。Leica IIIaを手に入れたことでまたひとつ僕の世界が広がったとしみじみ思ったなあ。手に入れる時はいろいろと紆余曲折あったんだけど、そんな苦労もすべて吹き飛ばす魅力がこのカメラにはあった。次はLomography400を入れて、さらに夜の街へと出かけたい。まだ見ぬ美しい光景を求めて。

厳寒の中、僕は機械式ライカIIIaであったまった。

Leica IIIa, Elmar 50/3.5, Fuji業務用100

それにしても、滅多にお目にかからない大雪だった。この程度で大雪と言ったら北国の人に叱られそうだけど、一年を通じてほぼ雪の降らないこの地域では交通網もちょっと麻痺するくらいだから、十分「大雪」だ。

Leica IIIa, Elmar 50/3.5, Fuji業務用100

これだけ雪が降ると、普通ならカメラを持って外に出るのは故障しやしないかと躊躇するところだけど、僕には心強いカメラたちがいる。電気を一切使わない機械式カメラたちだ。Nikon F2、Leica M3、そして手に入れたばかりのLeica IIIa、わが家には三台の機械式カメラがある。

Leica IIIa, Elmar 50/3.5, Fuji業務用100

これらのカメラは名機としてそのブランドイメージが先行するけど、その実力はいずれも戦場や探検など過酷な自然環境の中で信頼して使われてきた圧倒的な堅牢性が売りのカメラたちでもある。僕は迷わず手に入れたばかりで試し撮りを重ねておきたかったLeica IIIaを持って、吹雪が舞う近所の散歩道へ繰り出した。

Leica IIIa, Elmar 50/3.5, Fuji業務用100

フィルムはいつものFUJI業務用100。IIIaの露出は予め露出計スマホアプリで確認し、絞りf8、SS1/200で固定して雪の積もった道を歩き始める。10cmは積もっていただろうか。僕がIIIaを持って出かけた時は、まさに大雪のピークで、激しい雪と横風でかなり過酷な状況でもあった。

Leica IIIa, Elmar 50/3.5, Fuji業務用100

けれど、機械式カメラであるLeica IIIaなら不安はまったくなかった。零下の外気にふれても、IIIaはまったく調子を崩すことなく、ふだんは元気なシャッター音も、この雪の中では音が雪に吸収され、抑えの効いた軽快な音を奏でる。こういう感触はまさに黄金時代のライカの真骨頂といえるかもしれない。

Leica IIIa, Elmar 50/3.5, Fuji業務用100

ヘッドホンで音楽を聴きながらゆっくりと撮り歩く冬景色は、なんだか時間が経つのを忘れるほど幻想的で、僕の心をワクワクさせた。現像してみると、まるで白黒写真のようなシンプルな色味の雪景色が確認できるのと、ILFORDのC-41現像の白黒フィルム XP2 400のような少し赤味や青味を感じる色合いであがってきて、なかなか興味深い試し撮りとなった。

Leica IIIa, Elmar 50/3.5, Fuji業務用100

初日の試し撮りは沈胴式レンズの鏡胴をしっかり伸ばさず撮ってしまい、かなりのボケボケの写真になってしまったけど、この雪の日は試し撮りも3回目となり、どうやらまともには操作できるようになったのかピントもそれなりに合っていて、こらから普段の常用スナップカメラとして使えそうなことも分かり、その寒さとは裏腹に僕の気持ちはなかなかホットな一日となった。

やっぱり機械式カメラはいいね。そこには現代のカメラでは感じることのできない人間味をとても強く感じる。いろいろカメラが補正してくれる最新のデジカメには写真の精度では敵わないかもしれないけど、何も僕は精度の高い写真を撮りたいわけじゃない。じぶんがその時感じた光景の空気感のようなものを記憶したい、ただそれだけ。それだけであれば、機械式カメラは十分、いやスペックを超えた満足感を僕に提供してくれるのである。FUJI業務用100の描写の感じは少しつかめてきたから、次回はぜひ、いまお気に入りのLomography100か400を入れて残りの冬景色を記憶しておきたい。僕らしく。

ストラップは、Leica IIIaにグルグルと巻きつけてポケットに突っ込める布タイプにした。

アルチザン&アーティストの布製ストラップ

Leica IIIaをスナップ用カメラとして日々持ち歩くために、ちょっと迷っていたのがストラップ選び。ここ数日間はひとまず頂き物の革製ストラップをつけてたんだけど、長さ調節のための金具が付いていて無造作に扱うとボディを傷つけそうだったから、ストラップは新調したほうがいいなとずっと考えていた。

それと、ここ数日間、IIIaでスナップを撮っていて気になったのが、鞄やポケットから素早く取り出してサッと撮るには、ハンドストラップのほうがいいんじゃないかという気づき。見た目はネックストラップのほうがアンティークなカメラらしくて似合ってるかもしれないけど、鞄の中やポケットにしまうには革製のネックストラップは長くて固くてちょっとかさばるし、使っていてどうもGRやKonica C35のようにサッと取り出してリズムよく撮れない。さて、どうしようと。

答えの出ないまま、ひとまず家電量販店のカメラ売り場へ行ってみた。ハンドストラップならミラーレス用とか豊富にあるんじゃないかと思ってたんだけど、これがなかなかいいものがない。一眼レフのアクセサリーコーナーにも行ってみたけど、これもまたゴツすぎてしっくりくるものがない。これはもうしょうがないなと、ライカとか名の知れたいくつかのブランド品を展示してるコーナーへ行ってみると、少し値段は張るけど、なんか雰囲気がしっくりくるものがいくつか出てきた。革製だったり、ロープタイプだったり、いくつか眺めてたんだけど、たどり着いたのはM3のストラップと同様、アルチザン&アーティストのストラップたちだった。

僕がM3につけているものと同じような柔らかい革製のストラップなど、何種類かをショーケースから出して触らせてもらった。もちろん、どれもいい感触なんだけど、どれもネックストラップで固く長い。ひとつだけハンドストラップもあったんだけど、これも色が淡いベージュで、僕のIIIaにはどうもしっくりこない。んーと悩んでる時に、いや待てよ、布製のものがいいんじゃないかと。

ショーケースを再度眺めると、茶色の布製のものがひとつだけある。僕のIIIaは色が浅くなっていることもあって、パッと見、茶色系のボディに見える。黒より茶色のほうが似合うし、実際にそのストラップを手にとってみると、ネックストラップではあるんだけど、かなり短めでなにやらハンドストラップとネックストラップの中間サイズのような軽快感がある。なにより、これならネックストラップでも手にグルグル巻いて使えそうだし、IIIaにグルグル巻いてポケットに入れられそう!と、なんだか使用した時のイメージが鮮明になったんだよね。

というわけで、僕のバルナックIIIaには、アルチザン&アーティストの茶色の布製ストラップをチョイスした。帰宅してから早速取り付けてみたんだけど、これがお店でイメージした通りでなかなかよろしい笑。僕の中ではバルナックは小冒険カメラだから、布製のカジュアルな感じもけっこう似合ってる。これで、明日からは鞄の中に入れていても金具で傷つく心配もないし、撮りたい時にサッと取り出して、ストラップを手にグルグル巻きして素早く撮れそう。そして何より茶系のIIIaとストラップの組み合わせを眺める楽しみもできた。これで本当にあとは撮るだけ。ポッケに入れて持ち歩くバルナックの姿が見えてきた。

いい歳してLeica IIIaとまたヨチヨチ歩き始めました。

Leica IIIa, Elmar 50/3.5

ドタバタ劇となった購入から初の試し撮りを終えた、僕とLeica IIIa。その現像があがってきた。Twitterにも書いたけど、初日の街撮りのほうはほぼピントがきていなくて撃沈、久しぶりのカメラの洗礼を受けたカタチだ笑。

Leica IIIa, Elmar 50/3.5

ご覧のようにどれもピントがボケボケ。どうやら初めてのバルナックとエルマーを装着して少し興奮状態のままカメラ屋を出た直後に撮ったんで、舞い上がって全然カメラを操作しきれていない笑。おそらくエルマーの鏡筒をしっかり伸ばしきれていなかったんだろうと思う。もうザ・初心者状態だから笑。

Leica IIIa, Elmar 50/3.5

その翌日に近所の道端で撮ったものは、少し気持ちも落ち着いて撮れたようで、ピントも合ってまあまともな写真が撮れ、ちょっとホッとしてる。フィルムはふだんのカメラたちと比較したくて常用のFuji業務用100にしたんだけど、どうだろう、まだ比較というところまではバルナックとエルマーの味が分かっていない。

Leica IIIa, Elmar 50/3.5

でもはっきり言えるのは、とてもよく写るということ。1939年製のボディと1950年代のレンズが描き出したとは思えない描写をする。M3+Planar T*2/50ほどはカリッとシャープではないけど、とても半世紀以上前に作られたプロダクトとは思えない働きをこの時代のライカはやってのける。それはなんだか時空を超えてとても素敵なことだなと思う。

Leica IIIa, Elmar 50/3.5

結局、試し撮り初日の街撮りスナップはほぼお見せできるようなものはないので、作例的な写真は試し撮り2日目の近所のたわいのない写真しかないけど、一応バルナックIIIaと赤エルマー50/3.5の写りの雰囲気ということでブログにアップしておこうと思った。ちゃんとした作例は、こらからIIIaのクセをつかみながら、またゆっくりと載せていきたい。

ショルダーバッグに敷くインナーケース

何はともあれ、IIIaが普通に撮れるコンディションであることは分かったので、平日も鞄の中に忍ばせて頻繁に使っていこうと、ショルダーバッグの中に敷いてIIIaを持ち運ぶためのインナーケースを購入した。これまでの僕の平日用スナップカメラはフィルムコンパクトのKonica C35だったけど、気分的にはそれと大して違わないくらいコンパクトに思えるIIIaにしばらくチェンジして、とにかくたくさん撮って一日も早くIIIaのクセをつかんでいきたいと考えている。

Leica IIIa, Elmar 50/3.5

それにしても思うのは、こうして古いカメラを新しく手に入れるのは新鮮でやっぱりいいなということ。最近の僕ははどこかフィルムにも慣れっこになっていて、カメラと真正面から向き合う意識がどこか希薄だったように思う。それが、こんな風にザ・ビギナーの域まで引きずり降ろされて、なんというか初心に帰れてどこか清々しくもある。きっとカメラの神様が、世の中なんでも容易くないぞってことを改めて再認識させてくれてるんだろうと思う。やっぱり深いね、カメラは。そしてそれは尽きないカメラの道の魔性のような楽しさを物語っているのかもしれない。

IIIa初の現像出し前夜。期待と不安と。これまてでいちばんドキドキしてるかも。

Leica IIIa, Elmar50/3.5, FISON

先週手に入れて、この土日で試し撮りを終えたLeica IIIa。ようやく明日、初めての現像出しを前に、僕は今これまでにないドキドキに包まれている。それは、期待半分、不安半分のなんとも言えないドキドキ感。

というのも、今回のIIIa購入には紆余曲折がいろいろあった。元々ボディはIIIfだったものから土壇場でこのIIIaにボディをチェンジ。そのうえ、当初手に入れたエルマー50/3.5とフードFISONも総取っ替えと、これまで経験したことのないドタバタ劇の末、ようやく試し撮りにたどり着いた。二度あることは三度あるというか、肝心の写真の撮れ具合のほうもまだ紆余曲折あるんじゃないかということがどこか頭によぎる。

その一方で、試し撮りの気分はとても新鮮で心地いいものだった。想像以上に小ぶりだったIIIaは土壇場でチェンジした甲斐があったと思える素晴らしさだったし、結果として入れ替わった赤エルマーやFISONは当初のものよりとても程度のいいものになった。その使い心地はとても快適なもので、首から下げて撮り歩いた数時間はまるで冒険に出かけたようにワクワクした気持ちでスナップすることができた。1939年製のコンパクト板金バルナックの最終形であるIIIaと赤エルマーの組み合わせが果たしてどんな写真を紡ぎ出すのか、それはとても期待せずにはいられない高揚感があったりする。

この期待と不安の入り混じった感じは、思えば初めてフィルムカメラで撮ったNikon FEの現像前夜の気分にとても似ている。こんな頼りない懐古的な骨董品のようなカメラで本当にフィルム写真が撮れているんだろうか?と正直どこか疑ってかかっていたあの週末と同じ感覚。それよりも遥かに古い機械式カメラ、バルナックIIIaを手にして、再びそんな何ともいえない気分の真っ只中に今いるのである。

考えてみると、これまで手にしてきたフィルムカメラはどれも驚くくらい普通にちゃんと撮れていて、何か撮れることが当たり前の感覚になってしまってたように思う。でも考えてみると半世紀、いや80年も前のカメラで普通に撮れることは結構奇跡的なことだし、仮にどこか不具合があってもまったく不思議じゃない。クラシックなカメラを手にする故の当たり前の不安に、今更だけど改めて気づき、今それを一身に浴びているのである。

試し撮りは、M3をはじめ、ふだん使っているカメラたちと比べるために、常用のFuji業務用100で撮ってみた。カメラ屋さんと確認したところでは、あと何か不安があるとするならそれはもう現像してみるしか判断のしようもないということで、言うなれば購入後の最終チェックでもある。ちゃんと撮れてればそれはすごくうれしいけど、ここまで来たら何かアクシデントがあっても達観の境地で受け止められる気がする。僕とバルナックライカの長いであろう旅がようやく始まる。あまり生き急ぐことなく、いろんなことを受け止めて現像あがりを待とうと思う。このドキドキ感は決して居心地の悪いものではないから。

機械式のライカたちがもたらしてくれる、週末のまったりした時間について。

Leica M3+Planar T*2/50, Leica IIIa+Elmar 50/3.5

じぶんでも想像してなかったなあ、フィルムライカがこうして二台、わが家にやってくることになるとは。カメラを始めた頃に耳にしたライカという名称はじぶんとは関係のない世界のモノと思っていたし、意識すらしたこともなかったように思う。フィルムカメラを始めた時も手頃なNikon FEとフィルムコンパクトのKonica C35を手にしただけで十分満足していたし、不満なんてひとつもなかった。でも、ある日、ふとLeica M3に直にふれる機会があり、理屈抜きでその質感にハートを撃ち抜かれ(古めかしい表現だけど、それが素直にいちばんしっくりくる)、以来、僕の週末に機械式カメラとのひとときが加わることになった。

機械式カメラとは、電気を一切使わないフルメカニカルシャッターのカメラのこと。電気を使わないから、いわゆるオート撮影はできない。写真を撮るには露出(絞り値とシャッタースピードの組合せ)を決めて撮る必要があるわけだけど、電気を使うカメラはこの調整を電気で自動的にやってくれる。あと光を取り込んで画像を作り出すカメラは、ISO感度というものが存在するけど、最近のデジタルカメラは驚くほどの高感度性能を持ち、暗所でもわずかな光を取り込んで自在に写真を撮ることができる。でも、機械式カメラはそうはいかない。予め決まった感度のフィルムを入れたら、その感度をもとに撮れる範囲で露出を試行錯誤して撮る必要がある。つまり、今のカメラと比べるとずいぶん面倒くさい操作をじぶんでやって写真を撮る必要がある。この世の中で数少ない「電気を必要としない機械」の生き残りなのである。

そんな時代に取り残されたような、恐竜のようなカメラのどこがいいのか。僕もそんな風に思う一人だった。けれど、そんな理屈を吹っ飛ばしてくれたのが、ライカの機械式カメラ〈Leica M3〉だったのである。僕のM3は1955年製、ちょっと感覚が麻痺しそうな年代だけど、それもそのはず、60年以上前に作られたカメラだから普通に考えたら「そんな大昔のカメラが使い物になるのか?」と目を疑うことだろう。ところが、使えるのである。しかも、電気を使うハイテク機械に余裕をぶっかますように、精密で知的な操作感と写りを提供してくれるのである。何なんだ、この奇跡のようなカメラは。それが、僕のM3に抱いた偽らない感想だったのである。

そのM3よりさらに古く、時は1939年により送り出されたのが、僕のもう一つの機械式ライカ、Leica IIIaである。クラシックカメラ通の人たちの間ではバルナックライカと呼ばれる型のカメラ。M3と比べると、もう見た目からして明らかにレトロを地で行く懐古的ルックスと操作感。こんなものでまともな写真なんか撮れるはずがないときっと誰もが思う。レトロな置物、つまりアンティークなインテリアですか?といった趣なわけだけど、これもまたまったく現役のカメラの中のカメラなのである。フィルムカメラに馴染みのない人がこのブログを読むと、何をいかれたことを言ってるんだ、このブログの著書は、ということになるんだろうけど、ごめん僕はいたって冷静にこのブログ記事を書いている。正真正銘、このバルナックライカも今なお最高の撮影感覚をもたらしてくれるカメラなのである。

M3を手にして以来、僕はもうこれ以上素晴らしい機械式カメラとは出会うはずもないとずっと考えていた。つまり、最初で最後のライカだったはずなんだ。けれど、今思うとM3はこのIIIaに引き合わせてくれる結び手のようなカメラだったのかもしれない。M3がもたらしてくれた、他のカメラにはない最上の癒しが、じぶんでも気がつかないうちに、そのさらにルーツであるバルナックライカへの興味、欲求と言った方がいいだろうか、そういう気持ちをジワジワと僕の中に芽生えさせてきたのかもしれない。

機械式のライカたち、とひとくくりに言いつつも、実際に手にして撮影した感覚でいえば、この二つのライカは意外と感触が異なる。M3は未だにこのM3を超えるライカはないと言われるほど、時代を超越した驚くほどのオーバークオリティで、撮る者の度肝を抜く。冷静沈着、実にクールな大人のカメラとでも言えばいいだろうか。対してバルナックIIIaはもっと野生的で肉食的とでも言おうか。このバルナックライカを持ってひとたび外に出れば、そこら中が冒険の大地になったような独特の軽快感を味あわせてくれる。意外にもこの二つのライカは、対照的と言ってもいいくらい別物だたりもするのである。

つまり、クールに過ごしたい時も、アドベンチャー的に過ごしたい時も、この二台のライカがあれば、デジタル時代の喧騒におさらばらして、実に芳醇な時間の経過を味わい、時空を超えた大人の少年的時間を過ごすことができるのである。いや、言葉で表現するのはむずかしい。これはもう、ごめん、手にしてもらうしか説明はむずかしいかもしれない。M3もIIIaも趣味のアイテムとしては決して安いとはいえないかもしれない。でも最新のカメラに比べればずいぶん割安で、途轍もない造り込みの世界を堪能することができる。そんなプロダクトはもはやこの世には存在しないと思う。しかも、それは骨董品じゃなくて、写真を撮るというとても実用的に使っていけるモノなんだ。

その使用感やスペックなんかは過去記事や他の方が書いた詳細ネット記事なんかを参考にしてもらうとして、ここではとにかくこの機械式ライカたちがもたらしてくれる感情、それらがある日常や週末の気分を少しでも伝えられたらなと思って書き始めた。まるで伝え切れたとは思わないけど、読んでくれた人がいるとするなら、その人の人生を豊かにするきっかけになったらうれしいなと思う。IIIaにいたってはまだ手に入れたはがりで、フィルムの現像もこれから。約80年前のカメラで果たしてきちんと写真が撮れているかの確認はこれからではあるけど、僕は今日このIIIaで初めて街中で試し撮りスナップを体験し、このIIIaはM3と同様、僕の人生の友になると確信したんで、このブログに「僕の機械式のライカたち」として記憶を残しておこうと思った。

人生は一度きりだ。しかも、その週末は実はそれほど多くない。だったら、他人から見たら少し馬鹿馬鹿しく思われるようなことでも、没頭してみるのも悪くないんじゃないか。僕はそういう思いをこの二台の機械式ライカたちに気づかせてもらったような気がしている。誰かの参考になるかな、いやかなり独りよがりの記事になっちゃったかな。いずれにしても、これが僕の今日という日の素直な気分なのである。

そして、エルマーは赤エルマーになった。

Leica IIIa, Elmar 50/3.5 Red Scale 

忙しい一日だった。というのも、手に入れたばかりのバルナック とエルマーで初の試し撮りをしようと、買っておいたフードFISONを装着しようと思ったら、どうもしっかり装着できず、結局、エルマーの交換、フードの買い直しとカメラ屋をハシゴすることになったのである。

事の発端は、このエルマーにフードがしっかり装着できないということだったんだけど、原因はお互いにあって、エルマーもよく見たら先端部分に歪みが見られること、そしてフードのほうもネジの押しが弱くて、どちらも直すというより交換したほうが早いなという印象だった。幸い、エルマーを購入した馴染みのお店も、フードを購入した銀座レモン社も返品対応は快く応じてくれるということで、結果、僕はまたIIIaのボディだけになったわけである。

そして、もう一軒の馴染みの店に電話してみる。エルマー50/3.5の在庫を確認すると、赤エルマーが二個在庫があることがわかる。その足で、そのお店へ向かう。で、二本のエルマーを今度はしっかり時間をかけて動作確認をし、そのうちの一つを購入することにする。しかし、フードは相変わらず無いままだ。どうしようかと店員さんに話しかけたところ、たまたま一つだけFISONがあった。装着してみると、今度こそ押しネジもしっかり留まる。もう、それください!と即決。三時間ほどの間に、僕のエルマーとフードはそっくり別のものに入れ替わったのである。

で、せっかくだからと、そのお店でバルナック のフィルム装填の方法を教えてもらいながら、試し撮り用のフィルムも詰めてみる。フィルムをカットさえすれば装填はむずかしく無いことが分かる。というわけで、その帰り道、時刻は夕暮れ前になってようやく僕はIIIaの試し撮りにたどり着いたのである。でも、おかげで週末に郊外の自宅から街中までLeica IIIaとM3を持って出かけられたんで、一人で街撮りスナップを堪能することができた。行きはM3で、帰り道はIIIaで。なかなか味わい深いスナップ体験を楽しめた。

それにしても今回のバルナック 購入はなにかと慌ただしかった。最初に手にしたIIIfは2日後にIIIaへ変わり、エルマーとフードも2日後に赤エルマーと新しいFISONにチェンジとなった。まあ、僕が商品を選ぶ能力がまだまだ劣っていることが原因なんだけど、中古カメラの購入はこうして一つひとつ経験して養われていくんだなあと再認識したというか、勉強になった。次に同じような失敗はしない審美眼だけは少しできたような気がするから笑。

さて、試し撮りまでは終えた土曜日だけど、ここまできたら写りにも何かしらのアクシデントが待ち受けてるんじゃないかと思わないでもないけど、まあバルナック の初の試し撮りは結果的にはとてもユニークな一日になったし、なによりバルナック での撮影はとにかく新鮮だった。M3とは明らかに違う、もっと一枚一枚ゆっくりと写真を撮っていく独特の撮影リズム。最新のカメラのように楽ではないけれど、クラシカルなカメラには成功も失敗も含めて人間らしいひとときがある。そんなことを考えながら今ようやく自宅へ向かっている:)

この道具感が愛おしい。エルマー50/3.5用フード「FISON」。

エルマー50/3.5用純正フード「FISON」

今週手に入れたバルナックライカIIIaとElmar 50/3.5で試し撮りをする前にどうしてもフードだけは手に入れておきたくて、出張で訪れた東京で老舗の中古カメラ店、銀座レモン社に初めて立ち寄ってみた。

銀座界隈は個人的に好きなエリア。世界のハイブランド店が立ち並ぶ一方で、古き良き時代の薫りとそれを象徴するような老舗ショップが絶妙に混じり合い、この界隈だけが持つ独特の空気がある。銀座レモン社も、まさにそのモダンとレトロが混じり合う数寄屋橋の年代を感じさせるビルの中にひっそりと店を構える。

銀座レモン社

なんとも味ある昭和感にあふれたエレベータに乗り込み、8Fのフロアに到着すると、目の前に中古カメラの聖地のような趣ある光景が出現する。その巨大といっていい店名入りフロアマットが印象的だ。店に入ると、所狭しとショーケースが並び、中古カメラ好きにはたまらないミラクルワールドが展開されている。あらゆる銘柄のクラシックカメラが並ぶが、なかでもフィルムライカのラインナップは充実してるように思えた。M型、バルナック型ともにそれぞれ20点以上は揃っていたし、レンズや関連グッズも種類多く取り揃えられている。僕の御目当ては、今日のところはエルマー50/3.5用のレンズフードだった。

しばらく眺めていると、御目当のフードはどうやら二品あることがわかる。事前に少しネットで調べて気になっていたシルバーのライカ純正フード「FISON」と、ブラックの絞り連動フード「VALOO」だ。見た目にはFISONがいかにもバルナック に似合いそうなフォルムだったけど、せっかくだからお店にあるバルナックに二つを装着してもらい、最終的に直感でいいと思う方を選ぼうと思った。店員さんいわく、FISONを装着すると絞り調整が若干やりづらくなるが、おすすめはと言われればやっぱりFISONだとアドバイスをもらう。

実際、そのフード「FISON」は素晴らしくまぶしく見えた。IIIaとドンピシャ合いそうなクラシカルな佇まいは、そこにあるだけでタイムスリップしたかのような気分にさせてくれる。中古でしかもある程度使用感のあるフードだけど、お値段のほうはなかなか目が飛び出るようなプライスタグをつけていた。なんと¥17000もするのである。ほんと桁が一桁間違ってるんじゃないかと思わず動揺するくらいの値段だ。オールドニッコール用の中古フードなら十個以上は買える強気の値段だ。けれど、気持ちは決まっていた。この週末に初めてIIIa×エルマー50/3.5の試し撮りをしようと思ったら、この目の前のフードを買っておくしかない。そういう背中を押すようなオーラがこのフードFISONにはある。

決して極上の美品ではないが、少し使い込まれた感じが、いかにも男の道具感をプンプン放ってくる。たかがフードだけど、されどフードなのだ。昔のレンズは現代のレンズほどコーティングなど丁寧に施されてはいないから、逆光気味で撮ると盛大にフレアやゴーストのある写真を量産すると聞いていた。それはそれで一度試してみたいという好奇心はあるものの、基本的にはレンズのポテンシャルを最大限引き出すためにも、フードはまさに必須アイテム。ネットで調べれがまだまだ割安で買えるオークションなんかもありそうだけど、僕はこの目で確認して購入したかったから、こうして装着イメージまで確認できる銀座レモン社のひとときはなかなかありがたかった。

製造番号はまだゆっくり確認していないけど、おそらくIIIaと同じ約80年ほど前に製造された一品ではないだろうか。その割にやれた感じはなく、いかにもドイツ職人の厳格さと機能美を絵に描いたような佇まいは、バルナック 好きなら一発でノックアウトされそうなカッコ良さを秘めている。冷静に考えると躊躇するよな高額のフードだけど、在庫が一個だけなのを考えると、どこでも手に入れられるモノでもなさそうだと思い、銀座レモン社での購入を決めた。

皮のストラップも欲しかったけど、好きなアルチザン&アーティストのストラップはお似合いの品の在庫がなく、今回は購入を見送りに。ひとまず今週末は、古びた昔のストラップをつけて試し撮りに出かけようと思う。

これでボディ、レンズ、フードと揃ったが、なにせ80年ちかく昔の製品たちだけに、ちゃんと撮れるかどうかは試し撮りして現像があがってくるまで分からない。けれど、フィルムをやる人間の一人としては、このひとつひとつ道具を買い足していく感じが実にワクワクしてたのしい。写真の神様にちゃんと撮れることを祈りながら今夜は眠りにつくとしよう。天気予報的には明日は曇りだ。悪くない。

一度は手にしたIIIfだったけど、土壇場でIIIaにチェンジ。僕の初めてのバルナックライカ。

Leica IIIa, Elmar 50/3.5

ちょっとTwitterでは書ききれなかったので、ブログのほうに綴っておこうかなと。そう、記事タイトルにある通り、僕はつい二日前にLeica IIIfを購入したんだけど、今日同じ店を訪れてIIIfをIIIaに交換してもらったのである。

そもそも今日その中古カメラ店を訪れた理由は、取り寄せ注文をしていたバルナック用のLマウントレンズ、エルマー50/3.5を受け取りに行くことだった。で、せっかく行くのなら先に買っておいたボディIIIfも持って行こうと思い、エルマーを装着したついでに店員さんにIIIfの調子をもう一度見てもらったのである。

というのも、IIIfを購入してからしばらく家で空シャッターを切っていたんだけど、SS 1/1000がたまにシャッターが引っかかる挙動があって、なんか心の中でどこか気になっていたんだよね。1/1000以外もシャッターは切れるんだけどどこか動きが頼りないというか、もうそこは直感なんだけど「どこか元気がない感じ」を受けていた。1951年のカメラだからそんなもんかなとも思ってたんだけど、やはり気になるから店員さんに相談して、もう一度IIIfのシャッターまわりを見てもらったんだ。店員さんは快くIIIfのシャッターを切っては症状を確認してくれてたんだけど、やっぱり何度か引っかかる挙動が出て、修理店にも電話してくれて症状を問い合わせてもらったりした結果、カメラ内部で何かが経年劣化で固まってるか、微細なフィルムかすか何かが引っかかっている可能性があるから一度修理店でバラして診てみましょうか、という話になった。

修理に出すと二、三週間はかかるとのことで、せっかくレンズは揃ったんだけど、今度はボディをしばらく待つことになる。まいったな、と思ってた時に、視界にこのIIIaが入ったんだよね。一昨日、実は最初に目をつけたのはこのIIIaだった。だけど、その時は数台のバルナックの中から店員さんにおすすめの品をョイスしてもらったこともあり、IIIaについてはじぶんの手でしっかり動作確認はしていなかった。でも、なんか気になる。他のバルナックIIIfやIIIgとはひと味違う、どこか凛とした佇まいのボディに惹かれ、「ちなみにこのIIIaの調子が良ければ、IIIfと交換も可能ですか?」と聞いてみたら、もちろんOKですと。じゃあということで、ショーケースから出してもらって、今度はじぶんの目で可能な限りIIIaを確かめてみた。

すると、まず何よりシャッターの挙動が元気というかキレがある。ん、これが本来のバルナックの挙動なのかなと瞬間的に思った。なんというかライカらしい質といえばいいのかな。そしてファインダーをのぞいてみると、これもIIIf並みに十分綺麗。二重像を見る窓はIIIfより古いカメラだけに少し暗く感じだけど、二重像合わせはしっかり確認できる。おや、なんかIIIfよりいいんじゃないかと。

あとはもう、じぶんの直感を信じるだけだった。修理すればしっかりコンディションを取り戻すかもしれないIIIfと、いま目の前にある想像以上に元気な様子のIIIa。僕が選んだのは後者だった。そもそも一昨日、最初に目にとまったIIIaの小ぶりなシルエットにもかかわらず他のバルナックより存在感を放つオーラのようなもの。そして、M3に通じるそのしっかりとした質感に、これでいこうと。

IIIfよりは多少キズがあったり、グッタペルカが少し色褪せたりもしてるけと、それがまた勲章のようで実にかっこいい。調べてみると僕のIIIaは1931年製で今年で79歳なんだよね。いい歳のとり方をした初老の紳士というか、いや、むしろアヴァンギャルドというか、男ならちょっとシビれるオーラを持ち備えている。この土壇場でIIIaにしたことが吉と出るか凶と出るかは、試し撮りを続けてみるまで分からない。でも、僕は所有するバルナックとしてコイツを選んだ。直感を信じて。

あと、IIIaと一緒に連れて帰ったエルマー50/3.5だけど、これもまたシビれる佇まいで、ほんと参った笑。IIIaに装着したフォルムはもう神々しいとしか言いようがない。エルマーもまた試し撮りしてみないと何とも言えないんだけど、現時点ではライカ社に敬意を表すしかないレベルの素晴らしさを感じる。少しクモリはあるようだけど、僕にはよく分からない笑。そう、もうボディもレンズも決めたから、あとはつべこべ言わずに撮るしかない。話は撮ってから。というわけて、僕の手元に、やっとやってきた。ようこそ、マイバルナック&マイエルマー。