僕はレタッチするのが嫌だから、フィルムが好きなのかもしれない。

僕は撮った写真に後から手を入れるという、いわゆるレタッチというものをちゃんとしたことがない。これにはいくつかの理由がある。まず、僕が面倒くさがりということ。ふだん僕が撮る写真たちはごくごく普通のスナップだし、それをわざわざレタッチする時間を確保してまでいじるという観念が僕にはない。あと、どうも僕はレタッチされた写真があまり好きではないようで。他の人が撮った写真でも、レタッチしましたと分かる写真にはほぼ惹かれない。正確にいうとレタッチしたことを感じさせない写真が好きということかな。とはいえ、デジタルで写真を撮ると、どうしても写りすぎるというか生々しすぎるというか、あの質感も好みではない。だからだと思うけど、僕がデジタルで撮る時はモノクロで撮ることがほとんどだ。考えてみると、僕がデジイチを過去にやめてGRでモノクロばかり撮り始めたのも、そのことが多いに影響しているかもしれない。

そうしてたどり着いたのが、フィルムだった。最初はフィルムでもモノクロが撮りたかったんだけど、モノクロ現像機があるラボが近くには無くて、物理的に可能なカラーネガフィルムを始めた。最初に手に入れたフィルムカメラNikon FEで撮り方も分からず恐る恐る撮ったんだけど、そうするとこんな写真たちが撮れたんだよね。

今となってはどんな絞りや設定で撮ったのかも定かじゃないけど、正直驚いたんだよね、その写りに。あ、いいな、フィルムの質感って、てね。フィルムはいちばん安いFUJI業務用だったし、カメラは一万円もしない年代物だったし、何より露出なんかもちんぷんかんぷんだったにも関わらず、フィルムは大きな包容力で僕にとっては想像以上の写真を生み出してくれた。このフィルムの質感になんというか心奪われて、その日以来、フィルムで撮った写真は一枚もレタッチなどしたことがない。

他のひとたちがどうしているかは分からないんだけど、もともとレタッチが好きではなかった僕がフィルムに出会って、もうたぶん僕は一生レタッチとは縁がないんじゃないかと思う。特に作品を撮ってるわけじゃないし、家族の写真なんかは逆に手を入れたくないというか、その時のありのままの日常を残したいと思うから。だから、この先の僕はフィルムを変えて写真の質感の違いを楽しんだり、撮るものそのものや撮り方を試行錯誤しながら写真の質感が変化することを追いかけていくんだろうなと思う。

とはいえ、それもあくまで今の僕が考える心境であって、この先それも変化していくのかもしれない。だって、フィルムで撮るなんて面倒で想像もしていなかった僕が、いまこんなにもフィルムにハマっていたりするし、一度はやめたデジイチを買い直してマニュアル撮影やモノクロ写真を楽しんでるわけだからね。にんげん、ほんと、明日のことか一年後、数年後のことなんて分からないから。というわけで、いまの気分の記憶として。

じぶんのために撮った写真が、誰かのためになったら、それはちょっと素敵なことじゃないだろうか。

この写真は、分かる人には分かる一枚かもしれないけど、福岡の志賀島に続く海の中道を上空の飛行機の中から撮ったもの。この写真ではないけど、以前同じような写真をInstagramにポストしたら、今は東京に住んでるけど福岡出身の人から「子どもの頃よく遊んだ思い入れのある場所で、懐かしく思える写真をポストしてくれてありがとう」と言われたことがある。

僕自身も他の人が撮った写真に日々癒されたり、懐かしさや楽しさ、発見なんかをもらっている。例えば写真家の林ナツミさんが今、大分県別府市に暮らされていて、そこからInstagramなんかを発信されているんだけど、実は別府は僕の生まれ故郷で、写真の中によく懐かしい光景を見つけたりして、一人ほっこりしていたりする。故郷と林ナツミさんという愛すべき組み合わせの写真がこうして日々見られるというのは、僕にとって決して小さくないエネルギーになっていたりするんだよね。

Twitterの中でも、いろんな方たちのいろんなシチュエーションの写真に、いつも驚きや発見、刺激をもらっている。プロの写真家の人たちは誰かに見せて喜んでもらうことを前提に写真を撮っているだろうけど、僕ら一般の写真愛好家はまずもってはじぶんが気持ちよくなるために写真を撮っているわけで、とりわけ何気ないスナップショットなんかは僕なんかにしてみればほんとに自己満足で撮っているわけだけど、それでもたまに写真に感想なんかを寄せてくれる人がいる。これは実はけっこう凄いことだし、素晴らしいことだよなあと。

誰かを喜ばすために撮る写真はもちろん素晴らしいけど、こうしてじぶんのために撮った写真が誰かのためになる、それもまた相当素晴らしいことだし、写真ならではのとても素敵なおもしろさなんじゃないかなと、あらためて。

正直、じぶんがここまでハマるとは想像していなかった、フィルムカメラ。

もうすぐ8月になるけど、僕がフィルムカメラを初めて手にしたのはほんの5ヶ月前の3月。その間にフィルムカメラは5台になり、フィルム撮影枚数は2,000枚になった。唯一のデジカメであるGRでもたまに撮るけど、今では日常ほとんどの撮影はフィルムカメラだ。おかげで、このブログも、写真倉庫にしているInstagramも写真はフィルムのものになり、ブログの話題もフィルムカメラのファインダーを通した視点のものが多くなった。以前は、ブログに立ち寄ってくれる人もGR興味の人が多かったけど、近ごろではフィルムカメラに興味のある人がのぞいて感想などくれるようになり、そんな人たちの役に立てばいいななどと想像しながらブログ記事をこしらえることも多い。人は、もしくはじぶんの身の回りの世界は、半年もあればガラリと変わるんだなとちょっと驚いてもいる。

そもそも僕はフィルムを敬遠していた側の人間だったと思う。フィルムユーザーたちが撮るフィルム写真の質感に憧れのようなものはあったけど、わざわざフィルムを買って、現像に出して、撮れたかどうかその場で確認もできなければリアルタイムにシェアできない写真というのは、面倒くさがりのじぶんにはちょっと無理な世界だと感じていた。それが今では、現像あがりまでの時間が楽しみだし、現像ついでにフィルムを買ったり中古カメラコーナーをのぞいたりするサイクルが生活の中にすっかり根づいて、それが僕の日常のアクセントにもなっている。

カメラへの興味も、なんというか新製品への興味は特に無くなって、純粋に欲しいカメラ、じぶんの嗜好にあったカメラを、山ほどある中古カメラの中から探し求めるようになった。これはデジタルの時にはまったく見えていなかった世界で、こんなにもカメラの世界は広く深かったのかと本当に今ワクワクしている。カメラ産業はスマホカメラに駆逐されてシュリンクしていると言われるけど、そこに何か復活の突破口があるとするなら、僕は間違いなくフィルムが鍵を握っていると考えるようになった。写真という軸で考えるとデジタルもフィルムも同じように括られるけど、スマホカメラと競合するのはデジタルカメラであって、フィルムで得られる満足感はそれらとはまったく別物だと。つまり、スマホカメラのある時代にあっても、フィルムならカメラを敢えて別に所有する意味が十分すぎるほどある。僕はスマホカメラから始めてデジイチに移行し、フィルムカメラに辿り着いた人間として、そう思う。

それだけに、フィルムカメラがもっと普通になってほしいというか、変にマニアなものになってほしくないなという思いがある。フィルムカメラや写真への興味がやがてこだわりになりマニアックなものになっていくのはいいのだけだ、フィルム派がなんだか玄人の世界みたいに語られると、それは結果的にフィルムカメラによるカメラ産業復活の芽を摘んでしまう。写真が好き、カメラが好きというのと、それらに詳しいかどうかはまったく関係ない。フィルムカメラに興味を持ち始めた若者たちがこれから「写真を楽しむ=(フィルム)カメラを持つ」ことがもっともっと自然になればいいなと思う。

最近そこにいい風が吹いてるなと思うのは、フィルムカメラの敷居をどんどん下げてくれている中古カメラ店がいくつもあって、本当にライトな語り口でその普及につとめている姿を見れること。フィルムカメラをマニアックなものにするのではく、空気のように自然なものにする。それが進めば、もしかしたらこの星の文化までも変えるんじゃないかと僕はひそかに考えている。案外、スマホより未来を変える可能性を秘めていると思うよ、フィルムとフィルムカメラは。

デジタルからフィルムへ行っちゃうと、戻れなくないですか。その逆は大丈夫そうだけど。僕だけかな、この体質。

僕はもともとカメラを始めたのはそう昔ではなくて、三年ほど前にデジタル一眼レフを手にしてから。NikonのAPS-C機のD5300に単焦点50mm/f1.8と標準ズーム18-140mm(だったかな)をつけて、なんだこんなに楽しい世界があったのかと、あっという間に魅了された。この後、すぐさまもっと本格的な世界を体験したいとフルサイズのD750に移行して、ふだん使い用にコンデジなんかも増えていった。じぶんでも軽い沼だったかなという自覚はある笑。でもとにかく、それくらい楽しかったんだよね、カメラとの出会いが。

それから一年ほど前に、いろいろ訳あって手元にGRだけ残して、デジタルカメラたちはすべて手放すことになる。デジタルカメラが嫌いになったわけじゃないんだけど、他にも趣味ややりたいことがある中でカメラやレンズをあまりに増やしすぎて、どれひとつ集中できていないじぶんがいて、いわゆる断捨離というやつを敢行したということになるのかな。実際、GRだけで満たされた一年間だったから、もうカメラを増やすことはないとじぶんでも思っていた。

でも、ある時、ふとカメラのキタムラの中古カメラコーナーをのぞいた時に、フィルム一眼レフのNikon FEと目が合う。それも、なんというか、ビビビッときたという感覚。正確にいうとその少し前から心のどこかでフィルム写真っていいなという好奇心が湧いてきていたのだと思うけど、でも購入するという意識は強くあったわけじゃない。なにより、撮ってその場で見れないフィルム、現像とかなんだか面倒だしコストもかかるフィルムに、じぶんがまさか行くはずがないとさえ思ってたから。

ところが、衝動というのは怖いもので、その目が合ったNikon FEをその場で買って帰ることになる。ワクワクはしたけど、もうちょっと冷静にいうと、フィルムカメラなんて買って本当に使うのかじぶん?みたいな気持ちもどこかあった。それでも、まあカメラもレンズ付きで驚くほど安かったし、試し撮りにとすすめられたフィルムも¥200だったから、翌日からの週末に梅でも撮ってみるかと持ち帰ってみる。そこから、じぶんでも驚きの怒涛のフィルム体質へと体が変化していくことになる。本当にまさかじぶんが?!というくらいの意外なハマり方として笑。(そのへんのフィルムにやられていく様子は過去ブログをのぞいてみていただければ☺︎)

今にして思うのは、もうデジタルには戻れない体質になってしまった、というのが正直なところ。もちろんデジタルのGRも使うけど、それはほんとにサブであり暗がりとかだけかな。あとは平日のスナップもフィルムコンパクト、週末のまったり散歩カメラも機械式シャッターのカメラやNikon FEたちで、今では週明けの現像が楽しみなライフサイクルになった。たしかに、たったその場で見れない写真の不便さ?や、フィルム代や現像代、データ化代など、まあデジタルカメラと比べると不便でコスト高と言えるけど、そうしてまでも撮りたいというフィルム写真ならではの風合いが間違いなくフィルムにはあるし、それを撮る道具としてのMFカメラにもたまらない味がある。これを体験してしまうと、どうしてもデジタルには戻れなくなるんだよなあ。僕だけかな、これは。

ひとつ思うのは、この逆で、フィルムから始めてデジタルへ移行した人は、フィルムもデジタルも両方楽しめる体質になっているような気がする。つまり昔からカメラに馴染んできて、その便利さの変換をリアルに味わってきた人は、デジタルの便利さというのを身にしみてるからなのかな。そんな風に思うけど、どうだろう。それと比べると、僕のようにデジタルからカメラを始めてフィルムへ移行した人間は、あのデジタルの便利さがどちらかというと機械任せの味気なさにうつったり、デジタルならいっそスマホカメラでいいんじゃないの的なふうに置き換えてしまう。そうではなく、デジタルの恩恵を受けたいとするなら、超望遠レンズで撮りたいシーンだけかな。僕はそんなふうに思う。

デジタルは駄目でフィルムがいいという話では決して無くて、僕の”デジタルに戻れなくなった体質”という一個人の単なる見解の話なので軽く聞き流してほしいんだけど、でもまあこれが実在する一人の写真好きの人間の軌跡だったりもするので、ちょっとブログに記憶しておこうかと思った。同じような体質の人がTwitterの中なんかにも何人かいるようにも思えるけど笑、そこはたぶん一人ひとり微妙に背景というか軌跡は違うようにも思うので、ここでは触れずに。というわけで、この記事を読んでくれた人が共感したり参考にしたりするのか、それともフィルムへは怖くて行くまいと思うのかはアレだけど、フィルムが多少なりとも今ちょっとしたブームだとしたら、この現代にデジタルには戻れない体質になる何かがフィルムには隠されてると思うし、カメラ産業の復活があるとしたら、それはフィルムが大いに鍵を握っていると僕は考えている。

僕のフィルム枚数が加速したのは、間違いなくKonica C35と業務用100の組合せのおかげだ。

カメラは眺めるものじゃなくて撮影に使う道具だ。外に連れ出してシャッターを切ってなんぼなものなわけだけど、Leica M3やNikon F2といった本格的な機械式カメラを常に持ち歩くことはむずかしい。少なくとも僕のライフスタイルでは常時外に持ち出すことは至難の技だ。そこで常時スナップ用カメラとして活躍してくれているのが、フィルムコンパクトのKonica C35。プログラムオートで撮れるC35は、感覚的に言えば使い捨てではない写ルンですを常に持ち歩いているような、そんな手軽さだ。実際、僕がC35に常に入れているフィルムはFUJI FILMの業務用100。このC35と業務用100という手軽な組合せが、僕にたくさんのフィルム写真を撮らせてくれる。今週撮りきったフィルムたちもほぼこの組合せのもの。仕事の合間、家族とのお出かけの合間、とにかくこの組合せのカメラとフィルムが僕に心地よさを注入してくれる。フィルム一眼レフカメラを買ったもののなかなか撮りに連れ出せていない、という人は、ぜひフィルムコンパクトを普段の相棒にしてみるといいと思う。フィルムコンパクトでフィルムとの距離をぐっと縮めて、週末、時間がゆっくりある時に一眼レフや本格レンジファインダーでフィルム生活を締めくくる感じ。やっぱりなんでも慣れって重要で、フィルムだって毎日撮っていればそれとなく感覚が身についてくる。僕はこのフィルムコンパクトと業務用100がなかったら、ここまでフィルムを愛する気持ちは加速しなかったろうなと思うから。

ロードバイクとフィルムコンパクトが週末をおもしろくする。

梅雨明け、そして夏の始まりの三連休。その初日は、やっぱりこの組み合わせで決まりだ。ロードバイクSpecialized Roubaix SL4 SportとフィルムコンパクトKonica C35、僕のお決まりの相棒たちだ。

ロードバイク乗りの人たちはいく先々で写真を撮ることが多い。SNS時代だから、いちばん多いのはiPhoneカメラ、ちょっとこだわる人はコンデジ、実際僕も最初はデジタルのRICOH GRが相棒だった。でもフィルムコンパクトのKonica C35を手に入れてからはもっぱら相棒はフィルムコンパクトのほうに。それはやっぱりフィルム色のほうが”思い出色”に撮れるから。その場でリアルタイムにSNSにあげるならiPhoneカメラでいい。でも、その時の空気感みたいなものを思い出に残すなら、やっぱりフィルムで撮った写真のほうが断然味わい深く撮れる。なので、ロードバイク乗りの人たちにはぜひフィルムコンパクトをおすすめしたい。あの肉体で走らせるロードバイクの質感にも、アナログなフィルムカメラの質感は実に相性がいいので。

あと、カメラをやる人には、ぜひロードバイクをおすすめしたい笑。というのも、僕がロードバイクに乗ろうと思ったきっかけは、カメラと遠出できるのは脚が欲しいと思ったからなんだよね。もちろん、街中では徒歩のほうが自由が効くし、遠方の絶景ポイントへ行くなら車で移動したほうが快適だろう。でも、その中間というか、徒歩や車では行きづらい自然と都市の境界線みたいな光景がロードバイクとなら撮れる。ロードバイクと言わないまでも、クロスバイクやポタリング用自転車にフィルムカメラを乗せて走ると、からだもあたまも気持ちよくチューニングできるので、ぜひ試してほしい。きっとハマると思うな。絶妙だから、この組み合わせ。

フィルム色の夏はどんなふうになるだろうね。

今週をしめくくる仕事を終えて、ホームタウンへ向かっている。空の上からこうしてブログを書いてアップできるのはありがたい。そういえば明日は博多山笠クライマックスということもあって、福岡へ向かう飛行機はどの便も満席。この山笠の終わりとともに九州には暑い夏がやってくる。

ことしの夏が去年と違うのは、フィルムカメラを始めたこと、スイムを始めたこと、そして先週から愛犬が家族に加わったこと。あと、息子と近場に出かけられるポタリング用自転車も去年の夏はなかったなとか、考えてみると実にいろんな変化がある。やっぱり一年の変わりようというのは大きいね。

いろんな変化があり過ぎてともすると目の前を夏が瞬間移動していきそうな勢いなわけだけど、だからこそカメラで一瞬一瞬の記憶をできれば写真に残しておきたい。それもフィルム色で。精巧に撮ることよりも、思い出色に撮るという感覚かな。数年後、数十年後に思わず笑みがこぼれる、そんなフィルム色の夏写真、撮れるといいな。

忙しいのは、生きてる証。

それにしても忙しい。まあ、ぜんぶ、じぶんのせいなんだけどね。やり過ごせそうな仕事を大きく膨らませたり、頼まれてもいないのに繋いだり起案したり。そんな慌ただしい最中に愛犬を家族に迎え入れたり。暑さも手伝ってちょっとクラクラするここ一週間だったりする。

やっと現像を取りに行くことができた。一本だけ。それが僕の今の忙しさを物語っているかもしれない。それでもブログだけは書き続けようと決めたことだから、移動の時間を使ってこうしてブログを書いている。

不思議なもんで、忙しさは疲れはするけど悪くはない。いや、正確にいうと、暇なよりは何倍も生きてる気がする。小刻みにスケジュールをクリアしていく感じは、どうかしたらそのへんのゲームをクリアするより爽快感がある。ずっと続くのはさすがに勘弁だけど、忙しさの先に希望が見えるのなら、忙しさは希望を盛り上げるための演出効果と言えなくもない。というわけで、夏休みはすぐそこまで来ている。そこまではがんばろう、じぶん。

デジカメはレンズを替えたけど、フィルムはカメラを替える。

これは僕だけかな、どうかな。以前、デジカメを使ってた時はボディは数台持ってたけど、常用していたのはNikon D750で、週末ごとに替えていたのはレンズだった。ある時は50mm単焦点、ある時は標準ズーム、ある時は望遠ズーム、ある時はマクロ。そうやってレンズを交換することで写真の違いや気分転換を楽しんでた。

それと比べると、フィルムカメラを始めてからは、レンズを替えるんじゃなくて、ボディを替えて楽しんでるじぶんがいる。そういえば、ひとつのボディに基本、レンズはひとつだけ装着したままにしていて、あまり交換用のレンズが欲しいとも思わない。近いうちにNikon F3を迎え入れようとしているんだけど、そうすると僕のボディバリエーションの使い方はたぶんこうなる。

平日の慌ただしい中での街撮りスナップはKonica C35/38mm。週末ゆっくりかまえてダイナミックに撮りたい時はNikon F2/50mm。ゆっくりかまえて、でも静かにしっかりと写真に収めたい時はLeica M3/50mm。しっかり撮りたいんだけど、家族旅行とか俊敏に撮ることもある時はNikon F3/35mm。あと、Runとかロードバイクに乗せてガシガシ使う時はNikon FEシルバーボディ/50mm。望遠ズームを連れ出す時はNikon FEブラックボディ/70-210。すべてのサブ機に、おさえとしてデジタルのRICOH GRだ。

どうだろう、これなら複数台カメラがあっても満遍なくすべてのボディを使ってあげられそうな気がする。まあでも、その時々の気分によってもっと自由度高くボディを持ち替えるんだろうけど、これ以上増やすとカメラケースにお飾りのボディが出てきそうだから、適度に使いまわせるボディ種類と数をイメージし始めているじぶんがいる。でも、レンズを替えるんじゃなくてボディを持ち替えたいという欲求が強いのは、やっぱりフィルムカメラにはボディそれぞれに個性と味があるからだろうね。そういう意味ではデジカメ時代のレンズ沼とは違ってボディ沼であって、いや沼ではなくてボディ愛なんだろうね。

疲れてる時こそ、走る、泳ぐ、疲れ果てさせる。

今朝は4:30amに起きて6:30amには家を出てオフィスへ。30分ほどゆっくり窓の外を眺めてたまでは記憶があるんだけど、後はジェットコースターのような一日。眠いし、からだは重いし、さて寝るか、それとも…というわけで、ひと泳ぎしてきた。これは僕のクセというか、疲れてる時ほど走ったり泳いだりしたくなる。暑い時もそうかな、そういう時ほどからだを徹底的に疲れ果てさせて、気持ちもからだもリセットしたくなる感じ。そうでもしないと、この重苦しいからだのまま眠ってしまったら、大抵翌朝は疲れが残ってまた少し憂鬱な一日のはじまりだったりする。そんなじぶんのからだと長年向き合って出した結論が「疲れてる時ほど、走る、泳ぐ、疲れ果てさせる」ということ。なんだろうな、中途半端が嫌いなところも作用してるんだろうな。とにかく振り切る、何事も。調べたことはないけど、意外と多いんじゃないかな、僕みたいな体調管理のひと。というわけで、疲れ果てた一日の夜。少し早めに眠りにつこう。明朝、少しすっきりした目覚めであることを祈って。